コンテンツSEOとは?基本やメリット、成功事例を紹介

更新日: 2024.07.17


「コンテンツSEO」とは、ユーザーにとって有益な質の高いコンテンツを作成し、検索エンジンの評価を高め、サイトに人を集めるための重要なWEBマーケティング戦略です。
本記事では、コンテンツSEOの基礎から応用、SEOとの違い、実際にサイトへの集客とコンバージョンを向上させる方法をお伝えします。初めての方でも分かりやすいように、基本ステップや事例を交えて解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

関連記事:コンテンツマーケティングとは?基本を徹底解説!

センタードでは独自のノウハウを用いて流入数やCV数を最大化するSEOサービスを提供しています。
サービス資料ダウンロード
SEOコンサルティングサービス詳細
SEOを強化したい企業様が使えるノウハウを詰めたSEOチェックシートをご用意しました。
SEOチェックリスト資料ダウンロードはこちら

コンテンツSEOとは

そもそもSEOとは何か

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジンの検索結果ページにおいて、特定のウェブサイトやページの表示順位を上げるための一連の施策を指します。これには、キーワード最適化、内部リンクや外部リンクの設置、サイトの構造改善などが含まれます。

関連記事:SEOとは?SEO対策の基本とその施策方法までを解説します

コンテンツSEOの特徴

コンテンツSEOの主な特徴は、ユーザーのニーズや検索意図に応じたコンテンツを作成することです。Google公式は検索結果の上位表示条件を以下のように説明しています。

Google の自動ランキング システムは、検索エンジンでのランキングを上げることではなく、ユーザーにメリットをもたらすことを主な目的として作成された、有用で信頼できる情報を検索結果の上位に掲載できるように設計されています。

参考:https://developers.google.com/search/docs/fundamentals/creating-helpful-content?hl=ja
具体的には、データに基づいた信頼できる情報であるか、他のサイトにはない独自の情報であるかなど、いかにユーザーにとって有益なコンテンツであるかを基に評価します。そのため、コンテンツSEOでは、ユーザーのニーズや問題を解決する高品質な情報を提供することが求められます。

Googleの評価基準であるEEATに関してはこちらの記事で説明していますので、併せてご覧ください。

センタードでは独自のノウハウを用いて流入数やCV数を最大化するSEOサービスを提供しています。
サービス資料ダウンロード
SEOコンサルティングサービス詳細
SEOを強化したい企業様が使えるノウハウを詰めたSEOチェックシートをご用意しました。
SEOチェックリスト資料ダウンロードはこちら

コンテンツSEOの歴史と進化

コンテンツSEOが注目された理由

初期のSEOは主に技術的な最適化に焦点を当てており、ページに含まれているキーワードの数や、Webサイトの情報を記載するためのメタタグの最適化、被リンクの数などが重要視されていました。

そのため、コピーコンテンツやキーワードを不自然に盛り込んだ文章など、”ブラックハットSEO”と呼ばれる手法で検索結果の上位に表示させるサイトが多く存在しました。

しかし、検索エンジンのアルゴリズムが進化するにつれて、コピーコンテンツや人工的な大量の被リンクが設置されたサイトへのペナルティが与えられるようになり、低品質なコンテンツは検索順位を低下させていったのです。

結果として質の高いコンテンツの重要性が増し、コンテンツSEOが注目されるようになりました。

コンテンツSEOの進化

コンテンツSEOは、検索エンジンのアルゴリズムの進化と共に進化してきました。
現在では、ユーザーの検索意図を理解し、それに応じた高品質なコンテンツを提供することが重要となっています。これによって、ユーザーの満足度向上と検索エンジンの評価向上が見込めます。

センタードでは独自のノウハウを用いて流入数やCV数を最大化するSEOサービスを提供しています。
サービス資料ダウンロード
SEOコンサルティングサービス詳細
SEOを強化したい企業様が使えるノウハウを詰めたSEOチェックシートをご用意しました。
SEOチェックリスト資料ダウンロードはこちら

コンテンツSEOの重要

前述した通り、検索エンジンの進化によってコンテンツの品質はSEOにおいて非常に重要となりました。
コンテンツSEOは、ウェブサイトのトラフィックを増加させ、コンバージョン率を向上させるために不可欠な手法です。コンテンツSEO成功のために、以下のポイントを抑えておくと良いでしょう。

成功事例から学ぶ

成功事例を参考にすることで、効果的なコンテンツSEO戦略を立案し、自社サイトに適用する際の具体的なヒントを得ることができます。これにより、競争力を高め、検索エンジンでの上位表示を実現することが可能です。

継続的な改善

コンテンツSEOは一度で完了するものではなく、継続的に改善を行うことが求められます。
施策効果を収集し、分析・改善を繰り返すことで、長期的に効果を得られます。

検索エンジンにおけるコンテンツの役割

検索エンジンの仕組み

検索エンジンはクローラーと呼ばれるロボットを使用し、ウェブサイトやWebページの情報を収集しています。そこで見つけたページをインデックスに登録し、検索結果に表示される仕組みです。
検索結果の上位に表示されるには、クローラーに高い評価を受ける必要があり、この評価基準には、コンテンツの関連性、質、ユーザーエンゲージメントなどが含まれます。質の高いコンテンツは、検索結果ページの上位に表示されやすくなります。

コンテンツの質がSEOに与える影響

検索エンジンは、ユーザーにとって価値のある情報を提供することを目指しています。そのため、質の高いコンテンツを提供することが、SEOにおいては最も重要です。質の高いコンテンツは、ユーザーの滞在時間を延ばし、外部からの自然なリンク獲得にも繋がります。

サイトの流入数とコンバージョンの向上

サイトの流入数増加

質の高いコンテンツは、検索エンジンの上位に表示される可能性が高まります。
その結果として自然検索での流入数が増加します。自然検索での流入は、広告費用をかけずに得られるだけでなく、サイトに残り続ける資産となります。

コンバージョン率の向上

ユーザーが求める情報を提供することで、コンバージョン率が向上する可能性があります。
例えば、商品レビューや使用方法の記事は、購買意欲を高め、実際の購入に繋がる可能性が高いです。また、信頼性の高い情報を提供することで、ブランドロイヤリティも向上します。

コンテンツSEOの基本ステップ

キーワードリサーチ

効果的なキーワードの見つけ方

コンテンツSEOに限らず、SEOはキーワードに含まれるユーザーの検索意図を理解し、その回答となるようなコンテンツを作成する必要があります。
効果的なキーワードを見つけるためには、ツールを使用して検索ボリュームや競合度を分析します。GoogleキーワードプランナーやAhrefsなどのツールを利用し、サービスや商品に合った適切なキーワードを選定しましょう。

キーワードの競合分析

選定したキーワードの競合状況を分析し、上位に表示が獲得できる可能性を調査します。
競合サイトのコンテンツやリンクなどを調査し、上位表示されているコンテンツに対して不足がないか、ユニークな要素が盛り込まれているかを確認することが重要です。

コンテンツの作成と最適化

質の高いコンテンツの要素

質の高いコンテンツは、ユーザーのニーズを満たし、検索意図に応えるものです。具体的には、情報の正確性、深さ、読みやすさ、視覚的な魅力などが求められます。また、確証を得るための情報や事例を用いることで、信頼性を高めることができます。

SEOに適したコンテンツの書き方

SEOに適したコンテンツは、対策を行ないたいキーワードの自然な使用、メタディスクリプションの最適化、見出しタグの構造、内部リンクの適切な配置などが含まれます。また、モバイルフレンドリーなデザインやページの読み込み速度も考慮する必要があります。

内部リンクと外部リンクの構築

内部リンクの重要性

内部リンクは、ウェブサイト内の他のページにリンクを貼ることで、ユーザーのナビゲーションを助け、サイトの構造を明確にします。これにより、検索エンジンがサイトの内容を理解しやすくなり、SEO効果が向上します。

外部リンクの獲得方法

外部リンクは、他のウェブサイトから自サイトへのリンクであり、検索エンジンに対する信頼性を高める重要な要素です。高品質なコンテンツを提供し、業界の影響力のあるサイトからリンクを得るための営業活動などが必要です。

内部リンクと外部リンクの構築

内部リンクの重要性

内部リンクは、ウェブサイト内の他のページにリンクを貼ることで、ユーザーのナビゲーションを助け、サイトの構造を明確にします。これにより、検索エンジンがサイトの内容を理解しやすくなり、SEO効果が向上します。

外部リンクの獲得方法

外部リンクは、他のウェブサイトから自サイトへのリンクであり、検索エンジンに対する信頼性を高める重要な要素です。高品質なコンテンツを提供し、業界の影響力のあるサイトからリンクを得るための営業活動などが必要です。

効果的なコンテンツSEO戦略

質の高いコンテンツの作成

ユーザーのニーズを満たし、検索エンジンからも評価されるコンテンツ

ユーザーの検索意図を理解し、そのニーズに応えるコンテンツを作成します。ユーザーが求める情報を提供することで、サイトの滞在時間を延ばし、エンゲージメントを高めることができます。また、ユーザーからのみならず検索エンジンにも評価されるためには、コンテンツがオリジナルであり、専門性が高く、信頼性があることが求められます。ユーザーから見て良質であり、さらに検索エンジンから見ても評価に値するコンテンツである必要があります。

定期的なコンテンツ更新

更新の頻度とタイミング

定期的にコンテンツを更新することで、最新の情報を提供し続けることができます。これにより、検索エンジンのクロール頻度が増加し、サイトの新鮮さが保たれます。

情報の古いコンテンツを修正する

情報が古いままのコンテンツを残しておくと、流入してきたユーザーが必要のないコンテンツと判断し、離脱に繋がってしまいます。その結果として、エンゲージメントが下がり、検索順位が落ち、サイトに訪れるユーザーが減少してしまうといった負の連鎖になりかねません。
更新する際には、最新の情報を追加し、古い情報を修正することが重要です。また、コンテンツの構造やキーワードの最適化も行い、SEO効果を最大化します。

ソーシャルメディアとの連携

ソーシャルシェアの重要性

ソーシャルメディアでのシェアは、コンテンツの露出を高め、新たなユーザーの流入を獲得する手段となります。シェアされやすいコンテンツを作成し、ユーザーのエンゲージメントを促進します。

ソーシャルメディアを活用したプロモーション

ソーシャルメディアを活用して、コンテンツをプロモーションすることで、広範なオーディエンスにリーチできます。適切なプラットフォームを選び、ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツを投稿することが重要です。

コンテンツSEOの成功事例

ニッチな業界での成功事例

抱えていた課題

あるニッチな業界の企業は、WEBサイトへの集客において課題がありました。原因としては、サイトに対策すべきキーワードが盛り込まれておらず、獲得できているキーワードも検索ボリュームが少ないためでした。

課題解決施策

この企業は、特定のページに多くのコンテンツや情報を集約していました。つまり、「料金」関連のキーワードやサービス内容に関連するキーワードといった、検索ニーズの異なるキーワードを同じページでSEO対策しているような状況でした。
これらを解決するため、対策キーワードの選定を行ったうえで、サイト内コンテンツにおけるテーマ性の確立を目的としたコンテンツの追加を行ないました。

成功の要因

上記施策の影響で、サービス内容に関連するキーワードで上位表示を獲得するようになりました。
中には、上位表示からはやや遠い順位に位置していたキーワードの順位向上が見られました。
また、これまで特定のページのみ順位を獲得していた状況から、新規追加したページで上位表示を獲得することによって、集客の入口が広がり、自然検索においての流入数増加に繋がりました。

情報通信機器等のサービスを提供する代理店での成功事例

抱えていた課題

コラム記事を作成してはいるが、上位表示されるコンテンツの作成ができておらず、流入数やコンバージョンの増加が見込めない状況でした。そのため、SEO対策を意識したコンテンツの増強が課題としてありました。

課題解決施策

解決施策としては、対策キーワードの精査から、コンテンツのリライトを行いました。
まずはじめにターゲットとなるユーザーを明確にし、記事の方向性を定め、ターゲットが使用するであろうキーワードを様々なツールを利用して洗い出した上で現状のコンテンツがどの程度の評価を受けているのかをサーチコンソールなどを利用して調査・分析し、記事の質を向上させるための構成見直しやリライトを行ないました。

成功の要因

ここでの成功要因としては、適切な流れに沿ってコンテンツの増強を行えたことにあります。
各コラムにおいての対策キーワードの明確化から、現状分析、キーワードを自然に盛り込みつつ、上位表示するために必要なコンテンツを追加していくことで、狙った順位を獲得することに成功しました。

コンテンツSEOを行う際の注意点

キーワードの過剰使用を避ける

キーワードの過剰使用(キーワードスタッフィング)は、検索エンジンにペナルティを課される可能性があります。ユーザーからの読みやすさの観点を踏まえても自然な形でキーワードを使用し、コンテンツの読みやすさを優先しましょう。

ユーザーの検索意図を理解する

ユーザーが何を求めているのかを理解し、それに応じたコンテンツを提供することが重要です。ユーザーの検索意図を把握し、具体的なニーズに応える情報を提供することで、エンゲージメントを高めることができます。

モバイルフレンドリーなデザインを採用する

多くのユーザーがモバイルデバイスからアクセスするため、モバイルフレンドリーなデザインは不可欠です。レスポンシブデザインを採用し、どのデバイスでも快適に閲覧できるようにしましょう。

ページの読み込み速度を最適化する

ページの読み込み速度が遅いと、ユーザーの離脱率が高まり、SEOにも悪影響を与えます。画像の最適化、キャッシュの利用、不要なプラグインの削除などを行い、読み込み速度を改善しましょう。

定期的なコンテンツ更新

コンテンツは一度作成したら終わりではありません。定期的に更新し、新しい情報やトレンドを反映させることで、ユーザーにとって価値のある情報を提供し続けることが重要です。

内部リンクと外部リンクのバランスを保つ

内部リンクと外部リンクのバランスを適切に保つことが重要です。内部リンクはサイト内の他のページへのナビゲーションを助け、外部リンクは信頼性の向上に役立ちます。

分析と改善を繰り返す

そもそもSEO対策は継続的な施策です。Google AnalyticsやSearch Consoleなどのツールを活用してパフォーマンスを分析し、必要に応じて改善策を講じることが重要です。

重複コンテンツを避ける

重複コンテンツは検索エンジンの評価を下げる原因となります。オリジナルでユニークなコンテンツを作成し、他のサイトからのコピーを避けるようにしましょう。

メタタグとタイトルタグの最適化

メタタグやタイトルタグは、検索エンジンがコンテンツを理解する上で重要な要素です。キーワードを適切に含めつつ、ユーザーにとって魅力的なメタディスクリプションとタイトルを設定しましょう。
以上の注意点を守りながらコンテンツSEOを実施することで、検索エンジンからの評価を高め、ユーザーにとっても価値のあるサイトを構築することができます。

センタードでは独自のノウハウを用いて流入数やCV数を最大化するSEOサービスを提供しています。
サービス資料ダウンロード
SEOコンサルティングサービス詳細
SEOを強化したい企業様が使えるノウハウを詰めたSEOチェックシートをご用意しました。
SEOチェックリスト資料ダウンロードはこちら

 

現在デジタルマーケティングにおいてお悩みがある方や、
課題を感じているがどうしていいかわからない方向けに
無料でご相談会を実施しております。

まずは自社の現状を知り、可能な改善施策はどういったものがあるのか、
スケジュール、予算感はどのようなものなのか等も含めて
ご説明しますので、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

監修者プロフィール

木島 怜史

木島 怜史

株式会社センタード WEBマーケティング本部 エキスパート

前職のWEB営業経験を経て、株式会社センタード入社。現在WEBマーケティング本部にて技術統括。 WEBマーケティングの全体戦略設計からWEB広告、SEO、WEBサイトの課題抽出・改善立案までを管轄。 顧客目標としてWEBの目標達成はあくまで通過点と捉え、部分最適化、全体最適化を経てビジネス改善を目指す。 Web Designing誌に「ユーザーの行動特性を捉えたイベント集客施策」「Web戦略全体の視点から広告予算を考察」など寄稿。 「WEB改善の流れがわかる!目標設定とPDCAの考え方講座」など多数のセミナー講師も務める。 ウェブ解析士、GAIQ、Google広告等各種資格保有。業界歴10年以上。

関連記事

× SEO対策を成功させるための最新の対策項目を解説!SEO対策チェックリスト