DSP

DSPでは以下のような課題を
お持ちの企業様に有効な広告手法です。

  • リスティング広告を行っているがすでに成果拡大に限界を感じている
  • 自社に興味があるユーザーに限定して広告を出稿したい
  • 特定のターゲットに対して広告を出稿したい
  • 潜在層へのリーチができる広告を出稿したい

DSPの概要

DSPはDemand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)の略で、DSP広告を使うことで複数のアドネットワーク(広告媒体を集めた広告配信ネットワーク)を使ってディスプレイ広告を配信することができます。以前は1つの掲載媒体ごとに広告掲載依頼が必要でしたが、DSPを使えばそのような非効率な作業がなくなり、効率よく広告効果を追求することが可能になりました。

DSP概念図

DSP概念図

※ディスプレイ広告・・・WEBサイトやアプリ上に掲載される画像、動画、テキスト形式の広告

※DSP・・・広告主様側の広告配信管理ツール

※SSP・・・広告媒体側の広告配信管理ツール

※アドネットワーク・・・複数の広告媒体を束ねてネットワーク化したもの

広告主はDSPに予算と広告を配信したいターゲットを設定しておけば、オークションがはじまり、最も高い金額を提示した広告主が広告を配信する権利を得ることになります。

代表的なDSP

  • CRITEO
    CRITEO株式会社

  • RED
    株式会社フリークアウト

  • Logicad
    ソネット・メディア・
    ネットワークス株式会社

  • KANADE
    京セラコミュニケーション
    システム株式会社

DSPの特徴

  • 1

    興味関心の高いユーザーにターゲットを絞り、配信することができる

    従来型の広告枠に対して広告を配信するのではなく、オーディエンス配信と言ってユーザーへ広告配信をすることが可能です。その際のユーザーは性別や年齢、地域、職業など様々な区分にてターゲティングできます。またそのターゲティング項目は各DSPにより異なります。貴社にとって必要なターゲティング設定が可能なDSPを選択します。

  • 2

    一度貴社サイトに来訪したユーザーに広告配信することが出来る(リターゲティング)

    リターゲティングによって一度貴社サイトに訪れたユーザーに対して、様々な広告媒体で貴社広告を出稿することが可能です。一度貴社サイトを訪れたということは貴社や貴社サービスに何らかの興味関心を持っているユーザーと捉えることができるため、有効な広告出稿ターゲットとなります。
    ただし、サイト訪問者に特化した配信を行うため、拡大に限界があるため、上記ターゲティングで新規ユーザーに継続的に広告出稿を行うことに付随して行うイメージです。

  • 3

    RTBのオークション方式のため、適正価格で広告効果を最大化できる

    RTBはReal Time Biddingの略で、広告主がリアルタイムで広告枠を入札できる仕組みを指します。具体的には広告主側を取りまとめているDSPと広告掲載媒体側を取りまとめているSSPの間で、それぞれにとっての条件が最高なものをマッチングさせる仕組みです。ゆえに両者側の利益を最大化させることで瞬時に適正価格にて広告配信が可能です。

DSP運用のポイント

  • ポイント1

    貴社に最適なDSPを選択する必要がある

    DSP各社には様々な特徴があります。ターゲティング設定項目も年齢、性別、都道府県、行動履歴等をはじめ、各社さまざまな項目があります。
    課金体系では主流のCPM課金が広告表示が1,000回行われるごとに課金される方式で、閲覧したユーザーの広告1クリックごとに課金されるCPC課金もあります。運用では自動型か手動型の区分では、自動型は各社独自アルゴリズムによって自動的に広告効果が最適化されます。手動型は手動で各種データをチェックしながら最適化作業を行います。

  • ポイント2

    効果改善を求めて運用を行っていく必要がある

    DSP運用ではターゲティングが貴社や貴社サービスとうまくマッチングしていなければ成果には繋がりません。
    また同一ユーザーに対して継続的に同一広告を見せ続けることはブランデイングの観点からもやりすぎると不快感を生み、逆効果になる可能性があります。これを避けるためどのようなタイミングで広告露出をさせるかをコントロール(フリークエンシーコントロール)する必要もあります。
    さらには広告クリエイティブに対してもより効果の高いものを探り、また同一クリエイティブの継続使用での効果の低下を防ぐ必要があります。

  • ポイント3

    世界的に進むCookie利用規制の影響を受ける可能性がある

    DSPのターゲティングにはCookieと呼ばれる技術が使われていますが、昨今の個人情報保護の観点から世界的にCookieの利用制限が進んでいます。これを受けていずれDSPのターゲティングに影響がでる可能性があります(DSPだけではなくSNS広告やGDN,YDNといった各種ターゲティング広告も影響を受けます)。主要ブラウザであるChromeにおけるサードパーティCookieのサポート完全終了が2023年後半とされているため、DSP各社とも非Cookie対応の代替手段を模索しているようですが、現状取りうる手段としては活用できる機能は活用しつつ、貴社でマーケティングチャネルを複数手段持ち、リスク分散していくことになります。

費用について

初期費用
なし
月額費用(広告費+代行手数料)
¥500,000~
代行手数料
広告費予算全体の20%
最低契約期間
3ヶ月~

資料ダウンロード

サイト改善やWEBマーケティング、サイト制作における
ノウハウをまとめた資料をご用意しています。
弊社のサービス資料もこちらから確認いただけます。

ダウンロードはこちら ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら

弊社サービスに関するお問い合わせや、お見積りのご相談、
その他WEBに関するお困り事・ご質問など、
お気軽にお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせはこちら WEBからのお問い合わせはこちら