SNS広告

SNS広告では以下のような課題をお持ちの
企業様に有効な広告手法です。

  • リスティング広告を行っているがすでに成果拡大に限界を感じている
  • 自社ブランドが認知拡大が必要なフェーズに入っている
  • 潜在層の獲得が課題となっている
  • 特定の年齢層など、限定されたターゲットに対して広告を打ちたい

SNS広告の概要

SNS広告とは、FacebookやInstagram、Twitter、LINEなどSNSのプラットフォームへの広告出稿を指します。
SNSは身近なネット上での情報収集手段として、他の広告とは異なる特徴を持ち、各プラットフォームがユーザーに対して持っている各種データに基づいた精度の高いターゲティングによる広告出稿が可能です。
そのようなSNS広告の特性を活かすことで、従来リーチできなかった幅広い層へのアプローチが可能となります。

SNS広告の特徴

SNS広告には他の広告媒体にはない以下のような特徴があります。それぞれを把握し、理解した上で、広告手段を使い分けることが重要です。

  • 1

    潜在顧客にアプローチできる

    有力なWEB広告であるリスティング広告がユーザーの検索という能動的な行動を伴うために顕在層向けの広告手段であるのに対し、SNS広告は各メディアのタイムライン上に自然と表示されるものなので潜在顧客に広くリーチできるのが特徴です。
    つまり、何らかの課題感を持っているユーザーというよりは、漫然とSNSを眺めているユーザーにアプローチする広告ということになります。

  • 2

    ターゲティングに特徴がある

    各SNSはユーザー自身が個人の様々なデータを入力して様々な行動を取ることで成立するため、それらのデータをカテゴライズすることで、広告出稿側は居住エリア、性別、年齢、興味関心など、ユーザー属性に応じたより見込み確度の高い出稿を実現できます。
    ただし、各プラットフォームごとにユーザー属性の傾向が異なるため、各商材によってどのプラットフォームへのどういったターゲットへの広告出稿が最適化を見極める必要があります。

  • 3

    SNSの性質上、広告自体も拡散されることで認知を拡大できる

    SNS広告はユーザーのタイムラインなどに表示された広告に対し、ユーザー自体がリアクションすることが可能です。
    「いいね」や「シェア」といったリアクションによって想像をしていない範囲の潜在層にまで情報を届けることができることもあります。
    ただし、それはリスクとも表裏一体であり、ユーザーに何らかの反感、不満を与えるような内容の広告を出稿したことで炎上をしてそれが拡散につながるリスクもあるため、リスクコントロールにも注意しなければなりません。

主なプラットフォームの特徴

  • Facebook(フェイスブック)広告

    特長

    Facebookは日本でおよそ2,600万人のユーザーを持つ世界最大級のSNSサイトです。実名アカウントをもとに、友人、家族、職場のつながり、仕事関係のつながりなどリアルでの繋がりなどを中心としたネットワークと形成しているサイトです。

    ターゲット

    Facebookのユーザー層はその他のInstagramやTwitterに比べてやや年配の方が多く、さらにビジネスユーザーが多い傾向があります。コアユーザーは30-50代の男性になります。また、Facebook傘下のInstagramへの出稿と連携することもできます。精細なターゲット設定が特徴で、地域、年齢、性別、趣味、関心、行動などの様々な項目を使って最適な広告配信先を限定することが可能です。

  • Instagram(インスタグラム)広告

    特長

    Instagramでは、写真や動画をメインにしたカジュアルな投稿が中心で日本ではおよそ
    3,300万人のユーザーがいます。特徴として大きいのは写真や動画などのビジュアル中心での情報発信プラットフォームであるということです。また、FacebookやTwitterと異なり、基本機能として拡散機能がないため、ユーザーを通じた情報拡散はあまり見込めません。

    ターゲット

    やや女性ユーザーが多く、以前は若年層が中心だったものの、現在は幅広い年代にて活用されています。Facebookと連動しているため、Facebookと同じく精度の高いターゲティングによる広告出稿ができます。Instagramではライムライン上やストーリー上に写真や動画などの広告を出稿できます。そのため、ファッションやグルメなどの消費者向け商材との相性がよいプラットフォームです。逆にBtoB向けのプロモーションには弱いことに注意が必要です。

  • Twitter(ツイッター)広告

    特長

    Twitterとは140文字以内の文章を投稿することで、同じような趣味嗜好を持ち、つながりを持ったユーザー同士でいいねやシェア、リツイートなどの拡散が行えるようなプラットフォームです。またFacebookと異なり、匿名、実名の両ユーザーが混在します。

    ターゲット

    ターゲティングでは、地域、言語、端末、年齢、性別を絞って利用者にリーチできます。さらにはその中でも、会話、イベント、興味関心、映画、テレビ番組、キーワード、フォロワーが似ているアカウント、エンゲージメントに基づいて広告を配信できます。フォロワーやカスタムオーディエンスなど、既存のオーディエンスを対象に広告を配信することも可能です。

  • Line(ライン)広告

    特長

    LINEのユーザー数は9,200万人※1にのぼり、SNS利用者中83.2%という高い利用率で、幅広い年齢層に利用されています。また、毎日LINEを使うユーザーの割合は85%に達しており、アクティブ率の高さも特長です。(※2022.6時点LINE公式サイトより)

    ターゲット

    圧倒的なユーザー数を背景に、他のSNSではリーチできなかったユーザー層に広告配信が可能です。また、年齢・性別・地域、ユーザーの興味関心、行動データなど属性を基にしたターゲティングで少額から広告配信が可能です。
    配信先としてはLINE内のトーク一覧の最上部「トークリスト」、企業・店舗のさまざまな投稿を見られるLINE VOOM、LINE NEWS、LINEマンガなどの各種サービスなどがあります。

SNS広告のポイント

  • ポイント1

    リスティングやSEOなどの他の基本的な集客施策との差異を理解し使い分ける

    SNS広告の戦略的位置を明確化したうえで活用してください。SNS広告の使用に関して数を取りたいのか、自社の商材とマッチしているのか、顕在層、潜在層どちらの集客を狙うべきか、など目的をしっかり持ち、集客全体で戦略を立て、予算配分を行うことが必要です。
    場合によっては試行の結果、リスティング広告などに予算を割り振ったほうが効率が良い場合も考えられますし、それでも全体の集客のパイを広げたいという判断もあると思います。

    各集客手段別のターゲット例

    • リスティング広告

      顕在層

    • SEO対策

      顕在層

    • コンテンツ
      マーケティング

      潜在層

    • SNS広告

      潜在層+ターゲティング

  • ポイント2

    媒体ごとに特色があるためしっかり見極める

    SNSごとに使用ユーザー層や用途に特徴があるため、自社のサービスのターゲットに対してSNS広告は有効なのか、どのSNSに有効なのか、各SNSの中でもどの広告メニューが有効なのか、など考えるべき項目は無数にあります。これらを理解した上で最大限の効果を図っていきます。各種トライアル運用を行ってPDCAを回していくことも重要です。

  • ポイント3

    広告と広告からの遷移先(LPやWEBサイトの該当ページ)との連携の重要性を把握する

    また、注意事項としてSNS広告は運用開始時の初動は良い傾向にありますが、徐々にクリエイティブの摩耗(頻繁に当該クリエイティブを目にすることで、飽きが生じ広告自体がスルーされること)していき、設定しているターゲティングで刈取り尽くすなどにより獲得効率が悪化していくため、随時新クリエイティブの投入やターゲティングの変更などが重要になります。

費用について

初期費用
なし
月額費用(広告費+代行手数料)
¥500,000~
代行手数料
広告費予算全体の20%
最低契約期間
3ヶ月~

資料ダウンロード

サイト改善やWEBマーケティング、サイト制作における
ノウハウをまとめた資料をご用意しています。
弊社のサービス資料もこちらから確認いただけます。

ダウンロードはこちら ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら

弊社サービスに関するお問い合わせや、お見積りのご相談、
その他WEBに関するお困り事・ご質問など、
お気軽にお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせはこちら WEBからのお問い合わせはこちら