旅行業者が対策すべきWEB集客方法について

旅行業者が対策すべきWEB集客方法について
近年、インターネットの普及により、旅行業界におけるWEB集客の重要性がますます高まっています。競争が激化する中でWEB集客対策が不十分な状態では、顧客獲得が厳しい状況に置かれることが推察されます。これからはWEBでの集客戦略を積極的に展開し、競争や環境の変化に対応する柔軟性を身につけて、売り上げの拡大を目指す必要があります。
そこで本記事では、旅行業界におけるWEB集客のポイントを解説しながら対策すべき方法をご紹介し、なぜこれほどまでに重要なのかを明らかにしていきます。

旅行業者にWEB集客が必要な理由

まずは旅行業界においてなぜこれほどまでにWEB上での集客が必要なのか、その理由について解説していきます。

顧客が増えて売上に繋がる

旅行業界では客数がそのまま売り上げに直結しているので、集客対策が重要になってきます。客数が増えると定期的なツアー開催やサービス提供ができ、さらに多くの顧客を獲得することができます。WEB集客を通じて、顕在層だけではなく潜在層のターゲットにアピールすることもでき、それにより多くの顧客獲得の機会が得られるため、旅行に関心の高いユーザーへのターゲティングは実際の予約や購入の促進に繋がります。

イメージや認知度が高まる

「〇〇ツアーといえばA会社」といったように、企業のブランディングイメージを持たせたり、企業の商品やサービスの認知度を高めることができます。特にソーシャルメディアやブログ、動画コンテンツを利用することで、企業の魅力的な側面や独自性を強調することができ、長期的な顧客関係の構築とブランドロイヤルティの向上にも繋がります。

競合との差をつけられる

オンライン上での集客戦略は、競合との差別化を図る重要な要素です。特に、SEO対策やWEB広告、コンテンツマーケティングを通じて、他社とは異なる独自の価値を提供することができます。また、ユーザーに対して直接的かつパーソナライズされたコミュニケーションを行うことで、顧客との関係を深め、より良いサービス提供が可能になります。これにより、競争が激しい市場においても地位を確立し、持続的な成長を達成することができます。

旅行業者がWEB集客を行う上でのポイント

次に、WEB集客において心がけておくべきポイントについて見ていきましょう。

季節性に合わせたツアーの紹介

観光地では季節や地域によって旅行客の傾向が異なったり、時期によって客足が増減します。例えば、海岸地域では夏に多くの旅行客が訪れますが、山岳地域では冬にスキーヤーやスノーボーダーが集まります。そのため、季節ごとの旅行客に合わせたPR活動を行うことが必要です。

世界情勢に対応した施策

WEB集客では、世界情勢やトレンドに対応する施策を実施できます。例えば、国際的なイベントや祭典に合わせた旅行プランの提案、または旅行安全情報のアップデートなど、時事に関連した情報をリアルタイムで共有することができます。このような情報は、顧客の安全な旅行をサポートできると同時に新たな旅行先への興味も喚起できるので、積極的に情報発信をしていきましょう。

情報の拡散力を意識する

現在はインターネットの普及により、情報の拡散力が高まっています。ソーシャルメディアやブログなどを通じて、魅力的な旅行コンテンツや特別なキャンペーンを広範囲にわたる見込客に素早く届けることができます。また、ユーザーからのレビューやシェアは、ブランドの信頼性を高め、新規顧客の獲得に大きく寄与します。拡散されることを意識した集客活動を行うことで顧客の行動も促進できるため、ターゲット層に合わせたWEB集客を意識しましょう。

旅行業者ができるSEO対策

ここからはWEB集客活動を行う上でやっておくべき対策をご紹介していきます。
SEO対策は、WEBサイトを検索エンジン上で上位表示させることを目指す施策のことで、Googleなどの検索エンジンから高い評価を受ける必要がありますが、この評価プロセスは時間を要する積み重ねが必要です。しかし、質の高いSEO対策は、一度行えば長期間にわたり価値を保つ永続的な資産となり得るので、長期的な視座での取り組みが重要です。

キーワードリサーチ

関連キーワード

ユーザーに会社名やツアー内容を認知させるためには、まずターゲット層を明確にしてキーワード戦略を構築しましょう。関連するキーワードを見つけ出してWEBサイトのコンテンツに組み込むことが肝要です。これらのキーワードは、一般的に検索される単語やフレーズ、またはユーザーが関心を持つであろうトピックをカバーします。例えば、旅行会社が北海道の観光ツアーを提供している場合、「会社名+北海道観光」や「北海道ツアー」などの一般的な検索キーワードを使用することが重要です。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードは、一般的に検索ボリュームが少なく、複数の単語で構成された検索キーワードのことを指します。一般的なキーワードに比べて検索ボリュームは少ないですが、特定のターゲット層やニーズに合わせているため顧客を獲得しやすく、競争が激しい一般的なキーワードに比べて上位表示を狙いやすい特性があります。
例えば、「関東周辺の家族向けキャンプサイト」や「山梨のワイナリーツアー」といったロングテールキーワードは、特定の地域や旅行スタイルに興味を持つユーザーにアプローチしやすくなります。

キーワード対策に関する記事はこちら:
「企業がSEO対策を行って集客をする際に重要なキーワード選定に関して」

コンテンツ作成

サイトや記事などのコンテンツを上位表示させるためには、E-E-A-Tという指標を知ることが大切です。これは、そのコンテンツがどの程度その分野において信頼性や権威性を持っているかを判断するための指標で、ブログ記事、旅行ガイド、Q&A、動画コンテンツ等の品質を評価する際に検索エンジンから重要視されます。E-E-A-Tを意識したコンテンツは、検索エンジンでの可視性を高めて新規顧客の獲得に貢献すると同時に、ユーザーに対して信頼される情報源という点もアピールできます。また、定期的なコンテンツの更新も、検索エンジンのランキングを向上させる重要な要素です。

E-E-A-Tに関する記事はこちら:
「SEOにおけるE-E-A-T とは?E-A-Tとの違いは?」

技術的SEO

WEBサイトのロード時間の最適化

ページのロード速度は、ユーザー体験において非常に重要です。ページを素早く表示させることで、ユーザーの滞在時間を延ばして直帰率を減らすことができます。
画像のサイズを最適化、JavaScriptとCSSの圧縮や最小化、キャッシュの活用などによってロード時間を短縮する方法も有効です。

モバイルフレンドリー性

BtoCサイトの場合、多くのユーザーは、スマホなどのモバイルデバイスを使用してWEBサイトにアクセスするため、モバイルフレンドリーなデザインにして簡単に閲覧や操作ができるように設計することが必須です。
また、レスポンシブデザインを採用することで、異なるデバイスや画面サイズへの表示にも適応できるようになります。

旅行業者がMEO対策をするには

MEOとは、地図上での可視性を高めるためのビジネス用の一連の戦略と技術のことです。主にGoogleマップなどの地図サービスでの表示を最適化することを目的としています。代表的な例として、下記の方法が挙げられます。

Googleビジネスプロフィールのプロフィール最適化

Googleビジネスプロフィールにビジネス情報を登録して詳細な情報(住所、電話番号、営業時間など)を提供したり、定期的に情報を更新することで、正確さを保つことができて利便性の強化にも繋がります。

レビューと評価の管理

顧客からのレビューに対して迅速かつ積極的に対応することで顧客のリピート率を向上させたり、レビューを書いてくれた人には次回割引サービスなどを提供することで、顧客満足度向上による肯定的なレビューを積極的に促すこと等ができます。

MEO対策に関する記事はこちら:
「MEOとは?SEOとの違いからGoogleビジネスプロフィールの概要まで」

 

以上、旅行業界の企業が取り組むべき施策をSEOを中心に紹介しましたが、上記はあくまでも一部に過ぎません。
知見やリソースが不足している状態では施策遂行が難しかったり、実行しても成果がなかなか見えづらい場合もあったりするので注意が必要です。
しかし、専門家ならツールを使って多角的な視点から分析して改善することが可能なので、SEO対策やMEO対策ができる専門家に相談して全て任せるのも一つの手段です。

SEO対策に関する記事はこちら:
「SEO会社選びで知っておくべき知識とは?費用の相場感も紹介」

旅行業者向けのWEB広告

リスティング広告

検索エンジンの検索結果ページに表示される広告のことで、ユーザーが特定のキーワードを検索した際に表示されます。リスティング広告は、特定の検索キーワードやユーザーの興味に基づいて表示されるため、その商品やサービスに興味があったり、購入意欲が明確な顧客に直接アプローチすることができます。

リスティング広告に関する記事はこちら:
「【初心者向け】リスティング広告とは?特徴や料金や仕組みを解説します」

SNS広告

ユーザーの興味や行動に基づいて精密なターゲティングが可能で、画像、動画、テキストなど多様な広告形式を利用できます。SNS広告はリアルタイムでの広告効果の追跡と分析ができ、予算に応じた広告配信も可能で費用対効果の最適化に有効です。

Instagram広告

特徴:写真や動画を中心に、ストーリーズやフィード広告を通じて若年層を含む広い層にアピールできます。
メリット:高い反応率とビジュアルコンテンツによる印象が強く、若年層に強い影響力があり、インフルエンサーマーケティングとの親和性が高いです。

X(旧Twitter)広告

特徴: トレンドに合わせたタイムリーなコンテンツやハッシュタグを活用したキャンペーンを展開でき、即時性とユーザーの反応率を重視する方向けです。
メリット:リアルタイムイベントやタイムリーなトピックとの結びつきが強く、瞬時に情報が拡散され、ハッシュタグを通じて大規模な宣伝が可能です。

Facebook広告

特徴:広範なユーザーデータを利用して、年齢、性別、興味、地域などに基づいて、ターゲットを細かくセグメント化して広告配信ができます。
メリット: 広範囲のオーディエンスと高度なターゲティングオプションを兼ね備えています。ブランド認知度の向上と見込客へのアピールもできます。多様な広告形式があり、広告効果の追跡と測定も可能です。

SNS広告に関する記事はこちら:
「【業界・商材別】ターゲットへのアプローチに最適なSNS広告媒体の選び方」

まとめ

旅行業界は経済や情勢の影響を受けやすいため、WEB集客をして安定的な顧客を獲得する必要があります。そのため、旅行者のニーズと情勢を調査し、潜在顧客にアプローチする集客活動がより効果的です。ユーザーデータを分析して自社に合ったマーケティング戦略を構築し、PDCAサイクルを実行することで集客率を向上させることができるでしょう。
いかがでしたでしょうか?皆さんにとって有用なコンテンツとなっていれば幸いです。

また、本記事に関連した内容を、下記セミナーでより詳細に解説しています。よろしければ是非ご参加ください。

「オウンドメディアのPVを上げたい!読まれる記事を作るためのSEO入門講座」セミナーページへ
オウンドメディアのPVを上げたい!読まれる記事を作るためのSEO入門講座

【無料】プロに相談してみる

カテゴリ注目記事

カテゴリ新着記事

カテゴリタグ一覧