センタード総研:改善ブログ

  • Twitter
  • Facebook

成果に直結!A/Bテストを行うためのポイント

グロースハック

初心者向け

今回の記事では「A/Bテストを行う際にどのような点に気をつけてA/Bテストを行えば良い」のか、また「そもそもA/Bテスト自体には興味があるけどどうすればよいかわからない」という方に向けて、効果的なA/Bテストの方法を、事例を踏まえてご紹介していきます。

A/Bテストとは

そもそもA/Bテストとはどういったものなのか、解説いたします。
簡潔にご説明すると、【A】というパターンと【B】というパターンを同時に公開し、より成果が出やすいもの(=CVRやフォーム通過率、ファーストビュー通過率などが高かったもの)を検証するというマーケティング手法です。
A/Bテストという名称から2パターンに限られるかと思われる方もいるかも知れませんが、そうとも限らず、3,4パターン(A/B/n)など複数のパターンで効果検証するケースもあります。
A/Bテストは、WEB広告のバナーやLP(ランディングページ)などで行われることが多いですが、ニュース系の情報サイトなどでは見出しごとにテストを行うケースもあります。

まとめると、A/Bテストは【A】と【B】どちらがユーザーの反応が良いかを見極め、結果の良かったほうを採用する、というよく使われるWEBマーケティングにおけるCRO(コンバージョン率最適化)の手法となります。
※CRO=Conversion Rate Optimization(コンバージョンをどれだけ効率よく獲得することができるか)

A/Bテストを行なう際のポイント

基本的にA/Bテストを行う際は、全く異なるパターンでテストするのではなく、似たようなパターンを用意し、そのうちの一部分だけを変更し【A】と【B】でテストすることが推奨されます。

※上記の例ですと、基本となるレイアウトは一緒ですが、ボタンの色だけ配色を変更しています

全く異なるパターンでテストを行ってしまうと、成果が良かった要因の特定が難しくなるためです。例えば、ビジュアルも、文言も、デザインも異なるパターン同士で検証をし、結果【A】パターンのほうが極端に結果が良いと判定が出たとしても、なぜ【A】パターンのほうがユーザーに好まれたのか、要因がどこなのか分析が難しくなるためです。

状況や場合によっては、あえて全く異なるパターンでA/Bテストを行なう場合もありますが、基本的には、細かい点を変更しつつA/Bテストを回し、成果の良かったほうを採用しながら何度もA/Bテストを継続的に行っていくことが良いでしょう。

過去の弊社事例

事例1:LP(ファーストビュー)改善事例

あるサービスサイトへのリンクバナーのABテストでは、バナー内の要素の数で比較を行いました。Aパターンではバナー内の要素を少なくし、一番訴求を行いたいコピーを大きく配置しました。Bパターンでは、Aパターンの要素に加えて、ユーザーメリットにつながる訴求を2つほど多く盛り込みました。

ABテストの結果は、AパターンがCVR5.6%、Bパターンでは5.3%と、わずかではありますがAパターンの勝ち(+0.3%)となりました。おそらく要因としては、Aパターンのほうがメインビジュアル内の要素が少なく、視認性が良かったためかと思われます。

 

事例2:フォーム改善事例

次の事例はフォームの項目を変更したA/Bテストとなります。

某体験レッスンの希望日時を必須にした場合(Aパターン)と任意にした場合(Bパターン)では、AパターンのCVRが8.6%に対し、Bパターンが10.0%とBパターンのCVRが向上(+1.4%)し勝ちとなりました。ここからわかることは、体験申し込み系のフォームの場合は、少し体験日程が先になることが多く、変更になるかもしれないので、「後々相談したい」などの選択肢がある方がユーザーは安心したのかと思われます。

A/Bテストを行なうためのツールのご紹介

A/Bテストを行なうためのツールは無償のものから有償のものまで多く存在しており、それぞれ良し悪しはあります。もちろん、ガッツリ本腰を入れてテストしたい方などは有償のツールのほうが機能やサポートも充実しているサービスが多いので良いでしょう。

今回は、A/Bテストを「お手軽にどんなものか試してみたい」方向けに無償のサービスであるGoogleOptimize(グーグル オプティマイズ)をご紹介します。

https://optimize.google.com/optimize/home/

その名の通りGoogleが提供しているサービスなので安心して利用できますし、A/Bテスト以外の機能も利用可能です。(今回は詳細な機能説明などは割愛させていただきます。)

Googleアカウントさえあれば誰でも利用できるので、興味のある方は使用してみてください。

総括

いかがでしたでしょうか。
A/Bテストは一度だけでなく、何度も継続してテストを行い”最適解”を目指していくのが重要です。
上記にて色々ご説明はしましたが簡潔にまとめますと、「内容が異なるパターンを2つ以上用意して戦わせ、勝ちパターンを見つけましょう!」です。

A/Bテストを上手に活用して、効果的なCV獲得を目指していきましょう。

一覧へ戻る

サービス資料一覧

ダウンロードはこちら ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら

WEBからのお問い合わせはこちら WEBからのお問い合わせはこちら

PAGETOP PAGETOP