TikTok広告とは?メリットや費用相場、課金形態を徹底解説

更新日: 2024.06.10

TikTok広告とは?メリットや費用相場、課金形態を徹底解説

WEB広告の出稿を検討する際、選択肢の一つとしてTikTokが挙げられます。
しかし、TikTokにはどのような広告の種類があるのか、広告にかかる費用がどれくらいなのか分からない方も多いのではないでしょうか。
TikTok広告には主に5つの種類があり、それぞれにかかる特徴や費用が異なります。
自社の目的に合った広告タイプを選ばなくてはなりません。
この記事では、TikTok広告にかかる費用と広告のメリットを解説しています。
広告を出稿するための手順も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

センタードでは広告成果だけではなく利益を追求するSNS広告運用代行を提供しています。
また、リスティング・ディスプレイ広告からSNS広告など様々な広告媒体をお客様の課題に合わせて、費用対効果を最大化させるよう広告運用を行います。
サービス資料ダウンロード
SNS広告運用代行サービス詳細

TikTok広告とは

動画SNSのTikTok上で配信する広告のこと

TikTok広告は、人気動画SNSプラットフォームであるTikTok上で配信される広告です。
TikTokの視覚的かつインタラクティブな特性を活かした広告は、特に若年層に強い影響力を持ちます。
クリエイティブな動画広告がTikTokユーザーのフィードに表示され、ブランドのメッセージを効果的に伝えます。
TikTok広告は、独自の動画コンテンツを通じて、特定のターゲット層に直接リーチするのに効果的な方法です。

日本における月間アクティブユーザー数は1,700万(2021年8月時点)

2021年8月時点での日本におけるTikTokの月間アクティブユーザー数は約1,700万人です。
この高いユーザーベースは、広告主にとって大きな市場を意味し、広告のリーチと影響力を増幅します。
多くの若年層を含むユーザー層がTikTokを利用しており、広告キャンペーンが効果的に特定のターゲットへリーチさせることが可能です。
TikTokは、特に若年層に焦点を当てた広告キャンペーンにとって、非常に魅力的なプラットフォームといえます。

センタードでは広告成果だけではなく利益を追求するSNS広告運用代行を提供しています。
また、リスティング・ディスプレイ広告からSNS広告など様々な広告媒体をお客様の課題に合わせて、費用対効果を最大化させるよう広告運用を行います。
サービス資料ダウンロード

TikTok広告のメリット

広告を受け入れやすい

TikTokの広告は、プラットフォームの特性上、ユーザーが受け入れやすい形で提供されます。
TikTokの広告はエンターテインメント性が高く、自然な形でユーザーの体験に溶け込むため、ストレスなく受け入れてもらうことが可能です。
クリエイティブなチャレンジやユーザー参加型の広告が、楽しい体験として受け止められます。

様々なターゲティング手法が利用できる

TikTok広告では、多様なターゲティング手法を利用できます。
ユーザーの行動や興味に基づくターゲティングにより、特定のオーディエンスに効果的に広告配信することが可能です。
年齢・性別・地域・興味関心領域に基づくターゲティングを行うことができます。

拡散力が高い

TikTok広告は、その拡散力の高さにより、大きなリーチを達成することが可能です。
ユーザーが楽しんで共有したくなるような内容は、ユーザー同士だけでなくTikTok以外のSNS広告にも拡散できるため、認知度や新規ユーザーの獲得が多く見込まれます。
トレンドに合わせた広告やユーザー参加型のキャンペーンは、高い拡散力に期待がもてるでしょう。

購入されやすい

TikTok広告は、購入行動に直接繋がりやすい形式を提供しています。
エンゲージメントの高いコンテンツは、ユーザーの購買意欲が刺激されコンバージョンを促せるからです。
商品紹介やレビュー動画など、購入への直接的な誘導を含む広告が、効果的であると見受けられます。

センタードでは広告成果だけではなく利益を追求するSNS広告運用代行を提供しています。
また、リスティング・ディスプレイ広告からSNS広告など様々な広告媒体をお客様の課題に合わせて、費用対効果を最大化させるよう広告運用を行います。
サービス資料ダウンロード

TikTok広告の種類・費用

TikTok広告の種類

TikTok広告には、様々な種類があり、異なる目的や戦略に応じて選択できます。

起動画面広告 ・ユーザーがアプリを起動して最初に表示される広告
・一日一社限定のため費用が高額
インフィード広告 ・おすすめ欄に表示される広告
・広告と気づかれにくく、拡散力が高い
ハッシュタグチャレンジ ・ユーザー参加型広告
・ハッシュタグをつけた動画へ投稿を促し認知も拡大する
ブランドエフェクト ・2D、3D、ARなど先端技術を駆使したコンテンツ作成が可能
・ブランド機能や世界観を体感できる
運用型広告 ・TikTokやBuzzVideoなど多数のアプリへの広告配信が可能
・初心者の方や少ない予算でも運用可能

TikTokは多様な広告形式を提供しており、ブランドの目的やメッセージに最適な形式を選ぶことが可能です。

関連記事:TikTokのインフィード広告とは?概要やメリット、費用について解説

 

TikTok広告の費用

TikTok広告の費用相場は、広告の種類・配信範囲・期間・ターゲットオーディエンスの設定により大きく変動します

起動画面広告 500万円前後から
インフィード広告 50万円程度
op View:625万円から
Brand Premium:42万円から
OneDayMax:300万円から
ハッシュタグチャレンジ 1,000万円から
ブランドエフェクト 380万円程度
運用型広告 クリック回数・インプレッション数・再生時間により変動

小規模なキャンペーンでは比較的低コストで開始できますが、広範囲の配信や特定のターゲットにリーチするためにはより高い予算が必要です。

課金形態・入札方式

インプレッション課金型(CPM)

CPMは、広告が表示される回数ごとに課金されるTikTok広告の一つの課金形態です。
この方式は、特にブランドの露出を最大化したい場合に適しています。
広告表示1,000回あたりに支払う予算で決まります。
合計コスト÷合計インプレッション数×1,000
CPMは、広告の露出を重視する戦略に適した課金方式で、特にブランド認知度の向上に効果的です。

最適化インプレッション課金型(oCPM)

oCPMは、特定のアクションや成果に重点を置くTikTok広告の課金形態です。
この方式は、広告表示を特定の成果に最適化し、ターゲットに最も関心を持つユーザーに対して配信されるため、より効率的な広告運用が可能です。
コンバージョンやアプリインストールなど、特定の目標に達成するために広告が最適化されます。
合計コスト÷合計インプレッション数×1,000
oCPMは、特定の成果を目指す広告キャンペーンに最適で、効果的なリーチと成果の最大化を目指します。

再生課金型(CPV)

CPVは、ユーザーが広告の動画を再生するたびに課金されるTikTok広告の形態です。
この方式は、ユーザーのエンゲージメントや動画コンテンツへの関心に応じて課金されるため、動画広告の影響力を評価するのに適しています。
ブランドのプロモーションや製品紹介動画が対象となり、視聴される度に課金されます。
合計コスト÷合計フォーカス視聴回数
CPVは、動画コンテンツのエンゲージメントを重視する広告戦略に適した課金方式です。

クリック課金型(CPC)

CPCは、ユーザーが広告をクリックする度に課金されるTikTok広告の形態です。
この方式は、クリックする可能性の高いユーザーに広告配信されるため、クリックあたりのコストが広告主の入札提示額に近くなるよう調整されます。
商品販売・トラフィック・アプリインストール・コンバージョンが目的の広告に使用されます。
合計コスト÷クリック数
CPCは、特定のユーザーからのアクションを目指し、費用対効果を最大化するための効果的な課金方式です。

TikTok広告の出稿手順

TikTok広告用のアカウントを作成

TikTok広告を出稿するためには、専用の広告アカウントを作成することが必要です。

  • アカウント登録

  • アカウント情報入力

  • ビジネス情報登録

広告マネージャー設定

広告マネージャーを通じて、キャンペーンの全体的な管理・ターゲティング・予算設定などを行い、広告のパフォーマンスを最適化できます。

目標の設定

目標に基づいてキャンペーンを設計することで、広告の効果を最大化し、期待される結果を達成することが可能になります。
ブランド認知度の向上、トラフィックの増加、コンバージョン率の向上など、具体的な目標を設定します。

オーディエンスの設定

正確なオーディエンスターゲティングにより、広告のリーチと関連性が高まり、コンバージョン率の向上が期待できます。
年齢・性別・地域・興味・関心領域などに基づいて、ターゲットオーディエンスを選択します。

予算の設定

予算の設定により、広告出稿の量や期間が決まり、キャンペーン全体の効果を予測します。
広告の目的・予算の設定・スケジュールなどを設定し、広告の出稿を管理します。

広告作成して配信開始

効果的な広告コンテンツの作成と適切な配信設定により、キャンペーンの目標達成が可能となります。
クリエイティブな動画広告を作成し、設定したオーディエンスに向けて配信を開始してください。

関連記事:TikTok広告のやり方は?特徴や種類、成果を上げるコツも解説 

まとめ

TikTok広告は、独自のフォーマットと広範なユーザーベースを活用して、さまざまな目的を可能にする強力なツールです。
TikTok広告の多彩な形式・高度なターゲティングオプション・柔軟な課金方式は、ブランドにとって多様な広告戦略を展開するための幅広い選択肢になります。
出稿手順の理解と効果的な広告コンテンツの作成は、広告キャンペーンの成功に不可欠です。
この記事を参考にして、効果的なTikTok広告の運用を始めましょう。

関連記事:SNS広告とは?その種類と特徴について解説します

センタードでは広告成果だけではなく利益を追求するSNS広告運用代行を提供しています。
また、リスティング・ディスプレイ広告からSNS広告など様々な広告媒体をお客様の課題に合わせて、費用対効果を最大化させるよう広告運用を行います。
サービス資料ダウンロード

 

現在デジタルマーケティングにおいてお悩みがある方や、
課題を感じているがどうしていいかわからない方向けに
無料でご相談会を実施しております。

まずは自社の現状を知り、可能な改善施策はどういったものがあるのか、
スケジュール、予算感はどのようなものなのか等も含めて
ご説明しますので、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

監修者プロフィール

木島 怜史

木島 怜史

株式会社センタード WEBマーケティング本部 エキスパート

前職のWEB営業経験を経て、株式会社センタード入社。現在WEBマーケティング本部にて技術統括。 WEBマーケティングの全体戦略設計からWEB広告、SEO、WEBサイトの課題抽出・改善立案までを管轄。 顧客目標としてWEBの目標達成はあくまで通過点と捉え、部分最適化、全体最適化を経てビジネス改善を目指す。 Web Designing誌に「ユーザーの行動特性を捉えたイベント集客施策」「Web戦略全体の視点から広告予算を考察」など寄稿。 「WEB改善の流れがわかる!目標設定とPDCAの考え方講座」など多数のセミナー講師も務める。 ウェブ解析士、GAIQ、Google広告等各種資格保有。業界歴10年以上。

関連記事