不動産業がSEO対策を行なう際に注意すべきポイントと効果的な方法とは

更新日: 2024.06.11

不動産業がSEO対策を行なう際に注意すべきポイントと効果的なSEO対策の方法とは

不動産業界におけるSEOの重要性

不動産業界において、SEO(検索エンジン最適化)の重要性は日増しに高まっています。

現代において、多くの人々が物件を探す際、Googleなどインターネット上の検索エンジンにおける検索行動を最初のステップとしています。
このため、検索エンジンでの立ち位置を確立し、SEO対策を行うことは、不動産会社にとって新規顧客の獲得に不可欠です。

適切なSEO対策の戦略を採用することで、ターゲットとする顧客が容易に情報を見つけられるようになり、結果として、ホームページのトラフィックや問い合わせ数を増加させることができるようになるでしょう。
SEOの重要性は単に検索エンジンでのランキングを上げることだけではありません。
それは、ブランドの信頼性を構築し、潜在顧客に適切な情報を提供することにも関わっています。
この記事では、不動産業界におけるSEOの重要性と、効果的なSEO戦略をどのように展開すべきかについて探求します。

※SEO対策自体に関しては下記の記事で詳しく解説しています。

関連記事:SEOとは?SEO対策の基本とやり方までを解説

SEOをはじめる、またはすでに開始しているが成果に伸び悩んでいる企業様が使えるノウハウを詰めたSEOチェックシートをご用意しました。
SEOチェックリスト資料ダウンロードはこちら

 

 

不動産業におけるSEO対策のメリット

メリットその1:資産となる

SEO対策は、自然検索結果における上位表示とそれによる自然検索経由での流入数増加を目的として既存のページの調整や新規ページの作成を行うための施策です。

すなわち、自らサイトからページを削除したりしない限り資産として残り続け、継続的自然検索流入を担保するコンテンツとなります。

もちろん、一度作成及びSEO対策を目的として調整したのみでその効果が自然検索流入の観点から担保され続けるわけはなく、競合性も踏まえた上で日々調整する必要があります。
日々継続的にSEO対策を目的としたコンテンツの調整を行う事で中長期的に自然検索経由での流入増加に貢献してくれるでしょう。

メリットその2:信頼性の向上

不動産業者がSEO対策を行う事で事業及び保有しているサイトへの信頼性も高まることが予想されます。

後述するキーワード選定を元にターゲットとなりうるユーザーが用いる様々なキーワードの対策と実際の自然検索結果画面への表示とクリック回数を増加させることで、ユーザーに対して何度も自社のコンテンツを表示させることができ、信頼性の向上に繋げる事ができるようになるでしょう。

SEOをはじめる、またはすでに開始しているが成果に伸び悩んでいる企業様が使えるノウハウを詰めたSEOチェックシートをご用意しました。
SEOチェックリスト資料ダウンロードはこちら

 

不動産業界のSEOではキーワード選びが最重要

不動産業界におけるSEO対策の成功の秘訣としては、適切な対策キーワードの選択が大きく影響します。
検索キーワードは検索行動を行っているユーザーの意図と直結し、そして彼らが何を求めているかを反映するものです。
したがって、不動産業界におけるターゲットとなる顧客が使用する言葉とその検索意図を正確に理解し、それらをホームページのコンテンツに組み込むことが重要です。

効果的なキーワード戦略を立てる際には、競合他社が使用しているキーワードを分析することもまた重要でしょう。
一般的な不動産業界に関連したキーワードだけでなく、不動産業界特有の特定の地域物件タイプに特化したキーワードを選択することによって、より関連性の高い自然検索経由でのトラフィックを得ることができます。
このセクションでは、不動産業界におけるSEOの中でキーワード選択の重要性について詳細に掘り下げていきます。

SEOをはじめる、またはすでに開始しているが成果に伸び悩んでいる企業様が使えるノウハウを詰めたSEOチェックシートをご用意しました。
SEOチェックリスト資料ダウンロードはこちら

 

不動産業界のSEOにおけるターゲットに関して

不動産業界でSEO対策を行うにあたってキーワード及びそのキーワードを用いるユーザーの属性とそれがターゲットとして適切であるかを判断する必要があります。

不動産業界におけるターゲットとしては下記のようなものが考えられるでしょう。

不動産を保有するオーナーであるユーザー

不動産を売りたいと考えているユーザーに対して、売却までの一連の流れベストプラクティス、または相場情報など不動産業界における最新の情報を提供することで不動産を保有するオーであるユーザーの流入を獲得することができるでしょう。

できる限り高く売りたいと思っている不動産のオーナーであるユーザーに対して、上記のような得られれば売却に繋がることも想定されるような有益な情報を提供することで、アクションを起こしてもらいやすくすることができるようになります。

想定キーワード:
不動産売却(月間検索ボリューム / 22,200)
・不動産 売る(月間検索ボリューム / 210
不動産 売りたい(月間検索ボリューム / 390

不動産の購入または賃貸を検討するユーザー

不動産の購入や賃貸物件を検討しているユーザーに対して、地域やエリア別の予算に応じた物件に関する情報を提供することで不動産の購入や賃貸を検討するユーザーの流入を獲得することができるようになるでしょう。不動産の購入や賃貸を検討しているユーザーに関してはそれぞれのライフステージにおける理想の住まいのイメージ、例えば地域関連の情報や交通機関などのアクセスに関連した情報予算などに関して興味関心があると考えらえれる事からそのような内容の有益な情報を提供することでアクションを起こしてもらいやすくすることができるようになります。

想定キーワード:
・[地名] 不動産
・[地名] 賃貸物件

※検索キーワードによっては地域やエリアによって異なります。

不動産会社がおさえておくべきキーワードとは

地名に関連したキーワード

不動産業界において、地名やエリア名は非常に重要なキーワードです。多くの検索ユーザーは不動産の購入や賃貸の検討を行っているユーザーであることが検索キーワードのボリュームからも考えられ、そしてそれらのユーザーに関しては特定の地域街に関する物件情報を求めています。
したがって、特定の地名を含むキーワードを戦略的にホームページに組み込むことで、地域に特化したトラフィックを獲得することが可能です。

例えば、前述の「[地名] 不動産」「[地名] 賃貸物件」のように、具体的な地名を含むキーワードを選定した上で適切にページ内に記載することがSEO的観点からは効果的です。

titleタグやhタグの作成を行う際には上記キーワードの盛り込みはもれなく行いましょう。

物件情報に関連したキーワード

物件のタイプや特徴に関連したキーワードも、不動産会社にとって重要です。購入/オーナーであるユーザー問わず例えば、「一戸建て」「マンション」「ペット可」「新築」など、検索者が特定の物件タイプや特徴に関連する情報を探している場合に有効です。
これらのキーワードをホームページのコンテンツに取り入れることで、特定のニーズを持つ顧客を引き付けることができますし、こういった検索ニーズに答えることでSEOの効果最大化に貢献することになるでしょう。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードは、より具体的な検索クエリに対応する長いフレーズを指します。これらのキーワードは競争が少なく、特定のニーズを持つユーザーをターゲットにするのに適しています。
例えば、「[地名] 駅近くの子育てに適した一戸建て」といった具体的なキーワードで検索している賃貸または不動産の購入を検討しているユーザーにむけたコンテンツはニッチであるかもしれませんが、そういった特定の顧客層に直接響く可能性があります。検索ボリューム、すなわち検索ニーズが無いからと言って対策しないわけではなく、そういったニーズもあると仮定した場合にはしっかりと上記のようなキーワードの対策を行っていく必要があります。

潜在的なニーズがあるキーワード

潜在的なニーズに基づくキーワードも、不動産業界におけるSEOにおいて重要です。
例えば、「住宅ローンの利用方法」「不動産投資の始め方」など、不動産購入を検討しているユーザーが関心を持つ可能性のあるトピックをカバーするキーワードです。これらのキーワードは、SEO観点のみならずホームページのコンテンツを充実させ、潜在顧客に価値を提供することで、長期的な関係構築につなげることができるようにもなります。

集客したユーザーを成約に繋げるために

不動産業における目的としてお客様からの物件の成約という点を鑑みると、ホームページへの自然検索経由での流入を増加させた上でその流入ユーザーに実際に成約してもらわなければなりません。

その際の第一段階で、物件の問い合わせや、内見の申し込み空室情報の照会など流入してもらったユーザーにアクションを起こしてもらえるようなページの設計である必要があります。
自然検索経由で最初に流入する先のページは、訪問者を顧客に変えるための重要な役割を果たします。
自然検索で流入したユーザーにそのようなページ内で行動を起こしてもらうためには、明確で説得力のあるコール・トゥ・アクション(CTA)、魅力的な内容をであることを初めとした、訪問者の関心を引きつけるコンテンツであるかなどが成功の鍵となります。

こういったページでは、訪問者が求める情報を直接的かつ簡潔に提供し、彼らの行動を促すべきです。
例えば、物件に関する詳細情報問い合わせフォーム見学の予約などを明確に提示し、ユーザーの関心を喚起することが大切です。
また、ページのロード速度の最適化やモバイルフレンドリーなデザインの採用も、成約率を高めるために重要です。

まとめ

本記事では、不動産業界におけるSEOの重要性と、効果的なキーワード選択の方法について解説しました。
地名、物件情報、ロングテールキーワード、潜在的なニーズに基づくキーワードの使用は、不動産会社のホームページのトラフィックを増加させ、潜在的/顕在的顧客にリーチするのに不可欠です。

さらに、集客したトラフィックを成約に繋げるための戦略の重要性もお話しました。自然検索経由で流入されるページの最適化を行う事により、訪問者を顧客に転換しビジネスの成長を実現することが可能です。
不動産業界において、効果的なデジタルマーケティング戦略を実施することは、今後もますます重要になるでしょう。

いかがでしたでしょうか?
皆さんにとって有用なコンテンツとなっていれば幸いです。

また、本記事に関連した内容を、下記セミナーでより詳細に解説しています。よろしければ是非ご参加ください。

「オウンドメディアのPVを上げたい!読まれる記事を作るためのSEO入門講座」セミナーページへ

オウンドメディアのPVを上げたい!読まれる記事を作るためのSEO入門講座

SEOをはじめる、またはすでに開始しているが成果に伸び悩んでいる企業様が使えるノウハウを詰めたSEOチェックシートをご用意しました。
SEOチェックリスト資料ダウンロードはこちら

 

 

現在デジタルマーケティングにおいてお悩みがある方や、
課題を感じているがどうしていいかわからない方向けに
無料でご相談会を実施しております。

まずは自社の現状を知り、可能な改善施策はどういったものがあるのか、
スケジュール、予算感はどのようなものなのか等も含めて
ご説明しますので、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

監修者プロフィール

木島 怜史

木島 怜史

株式会社センタード WEBマーケティング本部 エキスパート

前職のWEB営業経験を経て、株式会社センタード入社。現在WEBマーケティング本部にて技術統括。 WEBマーケティングの全体戦略設計からWEB広告、SEO、WEBサイトの課題抽出・改善立案までを管轄。 顧客目標としてWEBの目標達成はあくまで通過点と捉え、部分最適化、全体最適化を経てビジネス改善を目指す。 Web Designing誌に「ユーザーの行動特性を捉えたイベント集客施策」「Web戦略全体の視点から広告予算を考察」など寄稿。 「WEB改善の流れがわかる!目標設定とPDCAの考え方講座」など多数のセミナー講師も務める。 ウェブ解析士、GAIQ、Google広告等各種資格保有。業界歴10年以上。

関連記事

× SEO対策を成功させるための最新の対策項目を解説!SEO対策チェックリスト