ケーススタディ:ニッチな業界におけるWEB広告改善策

更新日: 2024.06.05

ケーススタディ:UI/UX専門サービス会社におけるWEB広告改善策

今回紹介するのは、UI/UXに特化したニッチなサービスを提供する企業のケースです。当該企業は、デザインとユーザーエクスペリエンスを通じて、クライアントのデジタルプロダクト向上を目的としたソリューションを提供しています。

センタードでは広告成果だけではなく利益を追求するWEB広告運用代行を提供しています。
リスティング・ディスプレイ広告からSNS広告など様々な広告媒体をお客様の課題に合わせて、費用対効果を最大化させるよう広告運用を行います。
サービス資料ダウンロード
WEB広告運用代行サービス詳細

WEB広告施策の目的

この企業におけるWEB広告施策の目的はお問い合わせ数と資料請求数の増加です。専門知識を基に提供されるサービスに対する需要を高め、新たなリード獲得を行い、売上向上を図ります。

現状と課題

現状、企業内で広告の管理画面の確認等は行われていますが、リソースが限られているため、広告施策の検証や最適化までが適切に行われていません。そのため、WEB広告の運用を強化し、効果を最大化する方法を検討しています。

今回のWEB戦略におけるポイント

当該企業が取り扱っているようなニッチな市場で成果を得るために、WEB広告戦略は極めて重要です。そのためのポイントを以下で説明します。

ターゲット層へのアプローチ

ニッチな市場では、ターゲット層に的確にアプローチすることが必要となります。つまり、ターゲット層の特性を理解し、それに合わせた広告を配信することが重要です。ユーザーが求める価値を提供する広告は顧客獲得に効果的であるため、広告のコンテンツ、デザイン、トーンなどを徹底的にカスタマイズします。

戦略の定期的な分析と調整

WEB広告施策は、単に広告を出稿して終わりではありません。施策の効果を確認するために、定期的な分析が不可欠です。キャンペーンの効果を詳細に確認し、データを活用して施策を最適化します。広告のクリック率、コンバージョン率、ROI(投資対効果)など、様々な要因を検討し、必要があれば予算やクリエイティブ・アセット等を調整します。

市場への認知度向上と顧客獲得

これらの取り組みにより、ニッチな市場でもWEB広告施策によって成果を得ることができます。ターゲット層に訴求する広告と、データに基づく戦略的なアプローチは、成果向上への近道です。

センタードでは広告成果だけではなく利益を追求するWEB広告運用代行を提供しています。
リスティング・ディスプレイ広告からSNS広告など様々な広告媒体をお客様の課題に合わせて、費用対効果を最大化させるよう広告運用を行います。
サービス資料ダウンロード

広告の課題と改善策

今回のケースでは、ニッチな商材の特性ゆえ、広告施策を行う上で課題があります。
それは、検索ボリュームが少なく認知度が低いという点です。そのため、今回は顧客獲得と同時にサービスの認知度向上を行うことも必要となります。
そこで、コンバージョン率を向上させるためには、リスティング広告が適していますが、流入数を確保するためにディスプレイ広告も組み合わせて配信することが重要です。

リスティング広告

認知度向上のためのキーワード強化

商材やサービスに直接関連するキーワードを強化しましょう。また、指名系キーワードの登録も検討し、企業の認知度を高めます。

キーワード選定の改善

適切なキーワードや広告グループの選定が必要です。掛け合わせキーワードを深掘りし、高い確度を持つユーザーをターゲットにして刈り取りましょう。

コンバージョンアクションの明確化

コンバージョンアクションをシンプルにし、管理しやすくすることで、施策の効果が確認しやすくなります。

ターゲットに合わせたカスタマイズ

ターゲットに合わせたアカウントを構成し、関連性の高いキーワードやリンク先に合わせた広告文で配信します。

ディスプレイ広告

ターゲット層の分割

市場がニッチなためターゲット層の母数が限られている場合、商材や広告の目的に応じてキャンペーンを分割するだけではなく、状況に応じてリターゲティング広告を配信することも検討しましょう。

流入数の向上

流入数が少ない場合、細かいユーザー属性の設定を最小限に抑え、キーワードに関連する配信面にて広告を展開します。

これらの改善策を実行することで、ニッチなサービスの広告戦略を効果的に進化させ、市場での認知度向上と顧客獲得につながります。定期的なデータ分析と施策の調整を忘れずに行いましょう。

センタードでは広告成果だけではなく利益を追求するWEB広告運用代行を提供しています。
リスティング・ディスプレイ広告からSNS広告など様々な広告媒体をお客様の課題に合わせて、費用対効果を最大化させるよう広告運用を行います。
サービス資料ダウンロード

広告とLPの連携

広告とLP(ランディングページ)の連携は、成果獲得への重要な要素であるといえます。そのためのポイントを解説していきます。

LPの作成

まずはユーザーが求めている情報を提供するLPを作成しましょう。ユーザーが求める情報が表示されることでサイトからの直帰率を低減し、ユーザーの行動促進やコンバージョン獲得数の増加に繋がります。

イメージ共有

広告キャンペーンごとにLPを作成する際に、アカウント構成案をもとに広告配信側とLP制作側でテーマやイメージを共有することが効果的であるといえます。これにより、広告とLPがシームレスに統一され、ユーザー体験の向上に繋がります。

細分化

大まかなLPの括りではなく、さらに細分化して改善を行うことが重要です。運用中に得られた広告配信の結果を踏まえ、LP内のコンテンツ、キャッチコピー、ビジュアル画像などあらゆる要素について比較し、クリエイティブパターンを構築します。この方法により、より効果的なLPを構築し、コンバージョン率の向上を実現することが可能となります。

広告とLPの連携は、ユーザー体験を最適化し、コンバージョン率を向上させるために欠かせないステップです。頻繁な改善とデータの活用を通じて、最適な広告とLPの組み合わせを見つけ出しましょう。

まとめ

このケーススタディでは、UI/UX専門サービスを提供する企業が、ニッチな業界においてWEB広告を改善するための戦略を解説しました。以下に、重要なポイントをまとめます。
商材がニッチであるがゆえにターゲットユーザーの母数が限定的な市場では、ユーザーの特性を理解した広告施策を行うことが必要となります。また、現在ニーズが顕在化しているターゲットユーザーを獲得するだけではなく、商材の認知度を高めるための施策も同時に行い、ターゲットユーザーの拡大を図りましょう。
そして、広告出稿後は、定期的に施策の効果を確認し、都度調整を行うようにしましょう。広告そのものの調整だけではなく、作成したLPの効果検証も併せて行い、広告予算やクリエイティブ、LPの内容を都度調整し、改善を行うことが必要となります。
これらのポイントを実践することで、ニッチな市場でも成果を得るためのWEB広告施策を実施し、売上増加を実現させることが可能となります。

センタードでは広告成果だけではなく利益を追求するWEB広告運用代行を提供しています。
リスティング・ディスプレイ広告からSNS広告など様々な広告媒体をお客様の課題に合わせて、費用対効果を最大化させるよう広告運用を行います。
サービス資料ダウンロード

 

現在デジタルマーケティングにおいてお悩みがある方や、
課題を感じているがどうしていいかわからない方向けに
無料でご相談会を実施しております。

まずは自社の現状を知り、可能な改善施策はどういったものがあるのか、
スケジュール、予算感はどのようなものなのか等も含めて
ご説明しますので、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

監修者プロフィール

木島 怜史

木島 怜史

株式会社センタード WEBマーケティング本部 エキスパート

前職のWEB営業経験を経て、株式会社センタード入社。現在WEBマーケティング本部にて技術統括。 WEBマーケティングの全体戦略設計からWEB広告、SEO、WEBサイトの課題抽出・改善立案までを管轄。 顧客目標としてWEBの目標達成はあくまで通過点と捉え、部分最適化、全体最適化を経てビジネス改善を目指す。 Web Designing誌に「ユーザーの行動特性を捉えたイベント集客施策」「Web戦略全体の視点から広告予算を考察」など寄稿。 「WEB改善の流れがわかる!目標設定とPDCAの考え方講座」など多数のセミナー講師も務める。 ウェブ解析士、GAIQ、Google広告等各種資格保有。業界歴10年以上。

関連記事