LookerStudioとは?機能や特長、他社ツールとの比較について解説

更新日: 2024.05.15

LookerStudioとは?機能や特長、他社ツールとの比較について解説

はじめに

ビジネスインテリジェンス(BI)とデータ分析は、現代ビジネスにおいてはもはやオプションではなく必須条件となっています。データの量が増大する一方で、その解析と活用方法はますます複雑化していることから、高度なBIツールの必要性は高まっています。
そんな中で注目を集めているのがGoogleが提供するLooker Studio(ルッカースタジオ)です。このBIツールは、データの収集から解析、可視化までをワンストップで提供しており、多くの企業がこれを活用してデータ主導の意思決定を行っています。そして、Looker Studioが他の多くのBIツールと一線を画する点は、その多機能さとカスタマイズの豊富さです。
本コラムでは、Looker Studioの主要な特長、その背後にあるテクノロジー、なによりもどう活用できるかについて説明します。

 

Looker Studioの背景

今日、データは企業や組織にとってその重要性を高め、「21世紀の新しい石油」と称されるほどです。データの価値が高まる中で、その収集、解析、そして活用がビジネスの成否を左右するようになっています。これに対応する形で、多くの企業がビジネスインテリジェンス(BI)ツールを導入し始めています。
Googleはこのデータ分析のトレンドを早くからキャッチし、その可能性を最大限に活用しようと2019年にLookerを26億ドルで買収しました。この買収によって生まれたLooker Studioは、ビッグデータの時代に役立つ機能を一通り網羅しています。そして、この強力なプラットフォームは、Google Cloudの一部としてさらに強化され、多くの企業で活用されています。

主要な機能と特長

Looker Studioの機能は非常に幅広くで、多様な状況に対応できるように設計されています。この節では、その主要な機能と特長について詳しく説明します。

データ可視化

このツールは、基本的な散布図から複雑な階層構造まで、多くの種類のデータを視覚的に表現する能力を有しています。可視化ツールは非常に直感的で、少ないクリック数で多様なチャートやグラフを生成することが可能です。特にこの機能は、ビジネスユーザーがプログラミング知識がなくても簡単にデータを理解できるように役立っています。

リアルタイム分析

Looker Studioは、データのリアルタイム分析に特化しています。絶え間なくデータの更新できるこの機能は、目まぐるしいビジネスの世界で競争力を保つために不可欠です。例えば、ECサイトを運営する企業であれば、リアルタイムでの在庫状況や顧客行動を把握することで、即時の戦略調整が可能になります。

カスタマイズ可能なダッシュボード

Looker Studioは、企業がテンプレートを用いず、自らのビジネス要件に合わせてダッシュボードをフルカスタマイズできるように設計されています。この機能により、企業は特定のKPI(Key Performance Indicator)に焦点を当てたダッシュボードを独自に作成できます。

AIとの統合

さらに、Looker StudioはGoogleの高度な機械学習アルゴリズムと統合しており、データ分析をさらに高度化します。例えば、予測分析や自然言語処理(NLP)を活用することで、未来のビジネストレンドを把握することが可能です。
このように、Looker Studioは多様なビジネスニーズに応えるための幅広い機能と特長をもっています。これにより、企業はデータを効果的に解析し、戦略的な意思決定を下すことが可能になります。

競合他社との比較

ビジネスインテリジェンス(BI)ツール市場は非常に競争が激しく、多くのプレイヤーが存在します。Tableau、Power BI、Sisenseなど、各社がそれぞれ独自の特長と強みを持つ製品を提供しています。では、Looker Studioとその他のツールとはどのような違いがあるのでしょうか。

クラウドネイティブアーキテクチャ

Looker StudioはGoogle Cloudプラットフォーム上で動作するため、拡張性と柔軟性が非常に高いです。多くの競合製品がオンプレミス環境に依存する中、Looker Studioはクラウドファーストの設計思想に基づいています。クラウドの力を借りることで、リアルタイムでのデータ分析や高度な計算を効率的に行うことができます。

高度なカスタマイズ

Looker Studioは、ユーザーが自由にダッシュボードやレポートをカスタマイズできるように設計されています。一方で、多くの競合製品はテンプレートベースであり、柔軟性に欠ける場合があります。つまりLooker Studioは、特定のビジネス要件や業界特有のニーズに応じて調整できるのです。

AIとの統合

前述したように、Looker StudioはGoogleの先進的なAIテクノロジーと統合されています。これにより、データ分析が非常に高度であり、予測分析や自然言語処理(NLP)が可能です。多くの競合製品がこれらの機能を欠いているため、Looker Studioは明確な差別化要素を持っています。

オープンソースとの連携

Looker Studioはオープンソーステクノロジーとの連携が強く、これによってユーザーはさまざまな外部ツールやプラットフォームと簡単にデータを連携できます。例えば、GitHubやJira、Salesforceといったプラットフォームからデータを簡単にインポートできます。

結論と将来展望

Looker Studioはビジネスインテリジェンス(BI)とデータ分析において、多くの独自の特長と優れた機能を提供しています。その重要さは言うまでもなく、今後ますます複雑化するデータの解析と活用、激化するビジネスの競争に不可欠でしょう。このような状況下で、高度な分析能力を持つツールは企業にとって不可欠です。

ビジネスのデジタルトランスフォーメーションを加速

Looker Studioのような先進的なBIツールは、ビジネスのデジタルトランスフォーメーション(DX)を促進する重要な役割をもちます。データ分析を効率的に行うことで、企業はより迅速かつ正確な意思決定を行い、ビジネスの成長を加速させることができます。

AIとデータの融合

Looker StudioがGoogleのAI技術と連携していることは、単なる追加機能以上の価値を提供します。AIとデータ分析が一体となることで、従来の方法では解明できなかった問題に対する新しい洞察を得ることができるのです。

さらなる発展が期待されるLooker Studio

GoogleによるLookerの買収は、データ分析とBIツールの可能性をさらに拡大するものと期待されています。Google Cloudの広がりとともに、Looker Studioも今後さらなる機能追加や改善が進むでしょう。
Looker Studioは単なるBIツール以上の価値を持ち、その多機能性と先進的なテクノロジーによって、多くの企業がデータを効果的に活用し、ビジネスを成長させています。その強力な機能と拡張性は、今後のビジネス環境でますます重要となるでしょう。

センタードでは、WEBコンサルタント✕WEBディレクターが連携し、『貴社のビジネスを成功に導く』サポートをします。WEBマーケティングに関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

現在デジタルマーケティングにおいてお悩みがある方や、
課題を感じているがどうしていいかわからない方向けに
無料でご相談会を実施しております。

まずは自社の現状を知り、可能な改善施策はどういったものがあるのか、
スケジュール、予算感はどのようなものなのか等も含めて
ご説明しますので、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

監修者プロフィール

木島 怜史

木島 怜史

株式会社センタード WEBマーケティング本部 エキスパート

前職のWEB営業経験を経て、株式会社センタード入社。現在WEBマーケティング本部にて技術統括。 WEBマーケティングの全体戦略設計からWEB広告、SEO、WEBサイトの課題抽出・改善立案までを管轄。 顧客目標としてWEBの目標達成はあくまで通過点と捉え、部分最適化、全体最適化を経てビジネス改善を目指す。 Web Designing誌に「ユーザーの行動特性を捉えたイベント集客施策」「Web戦略全体の視点から広告予算を考察」など寄稿。 「WEB改善の流れがわかる!目標設定とPDCAの考え方講座」など多数のセミナー講師も務める。 ウェブ解析士、GAIQ、Google広告等各種資格保有。業界歴10年以上。

関連記事

カテゴリ注目記事

カテゴリ新着記事

カテゴリタグ一覧