東京のWEB広告代理店を8社比較!広告代理店選定のポイント・注意点も紹介【2024年最新版】

更新日: 2024.05.21

東京でおすすめのWEB広告代理店を10社紹介!選定のポイント、注意点も紹介【2024年最新版】

東京都には多くのWEB広告代理店(インターネット広告代理店)が存在し、会社の規模や運用費用などもさまざまです。
WEB広告の運用を初めて依頼する場合は、会社の良し悪しや自社とマッチした会社の選び方がわからず、運用会社選びに失敗してしまう方も少なくありません。

そこで、WEB広告運用のプロである当社が2024年最新版として、東京都でおすすめのWEB広告代理店8社をご紹介します。
東京都でWEB広告の運用依頼を検討している方は、是非参考にしてみてください。

 

東京都のWEB広告代理店8社をご紹介

株式会社センタード

株式会社センタード

株式会社センタードは、WEBを活用したビジネス成果の向上を専門とするデジタルマーケティング企業です。

リスティング広告の運用代行のほか、SNSやDSP、アフィリエイトなどのWEB広告全般、ホームページ制作、SEO対策など、ネットビジネスをとりまくサービスを包括的にサポートしています。リスティング広告運用会社は多数ありますが、広告からの遷移先となるホームページ・LPの制作、改善まで対応できない会社も多いです。
センタードでは運用型広告だけでなく、それをホームページ・LP制作と連携させて全体設計することが可能です。

こんな方におすすめです!

  • 現在広告の運用を依頼しているが、改善の提案などがない

  • 広告のパフォーマンスはよいが、売り上げに直結していない

  • 事前の分析から公開後の分析まできちんとしてくれる会社に依頼したい

 

URL https://www.centered.co.jp/service/web_ad/
設立年 2010年
住所 東京都新宿区西新宿7-5-8 GOWA西新宿8F
電話番号 03-5937-5864
料金 初期費用:無料
月額最低予算:なし
運用手数料:広告費予算全体の20%

 

 

株式会社五箱

株式会社五箱は、リスティング広告、ソーシャルネットワーク広告などのインターネット広告、ホームページ制作とランディングページの設計を手がけています。
GoogleやYahoo!の公認代理店であり、品質担保のために、検索広告、ディスプレイ広告、動画広告、ショッピング広告、アプリ広告、測定に関する6つの認定資格を取得しており、Google 広告の専門知識をもっています。
全てのサービスはデータに基づいた効果的なマーケティング戦略の実行を目指しており、クライアントの集客を最大化することを重視しています。

URL https://gohako.jp/
設立年 2011年4月
住所 渋谷区道玄坂1丁目16-15 道玄坂NKビル
電話番号 03-5728-2525
料金 お問い合わせください

 

株式会社フォースリー

株式会社フォースリー

株式会社フォースリーは、多様な事業を展開している会社で、アフィリエイト事業、店舗事業、アパレル事業などを手がけています。
個々のユーザー属性に合わせたカスタマイズされたLINEでのマーケティングが強みで、ユーザーとの密接な関係構築を重視し、具体的なニーズに応じたシナリオを配信することで、CVR(コンバージョン率)やLTV(顧客生涯価値)の向上を目指します。
また、社内文化の強化や社員教育にも力を入れており、多岐にわたるイベントやセミナーを実施しています。

URL https://43s.co.jp/
設立年 2012年7月
住所 黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ8F
電話番号 03-5452-4933
料金 お問い合わせください

 

株式会社オーリーズ

株式会社オーリーズ

株式会社オーリーズは、マーケティング戦略の設計、インターネット広告運用、クライアントのインハウス運用支援を提供しています。
クライアントのビジネス目標達成のために、迅速な仮説検証と効果測定を行い、持続的な成果向上を目指します。
Google AdsやFacebook広告などの広告運用支援と、それに付随するアクセス解析、広告効果計測ツールなどのマーケティングツールの導入/運用支援も行っています。
また、セミナーやイベントを通じて業界知識の提供も行っています。

URL https://allis-co.com/
設立年 2013年4月
住所 中央区八丁堀3-27-4 八重洲桜川ビル5階
電話番号
料金 お問い合わせください

 

株式会社 ALL WEB CONSULTING

株式会社 ALL WEB CONSULTING

株式会社ALL WEB CONSULTINGは、ネットショップとECサイトに特化したマーケティングサービスを提供している会社です。
クライアントのECサイトに対して、集客、コンサルティング、サイト構築などのワンストップサービスを行い、売上向上を支援します。 数百社以上の広告運用経験を活かし、様々な業種に対応可能です。
また、SEO対策やWEB広告運用も行い、企業のデジタルマーケティング戦略を強化しています。

URL https://allweb-consulting.co.jp/
設立年 2020年9月
住所 渋谷区恵比寿西2-19-9 フランセスビル 2F
電話番号 03-6276-8654
料金 初期費用:無料
月額予算:30万円~
運用手数料:広告費予算全体の20%

 

ブルースクレイ・ジャパン株式会社

ブルースクレイ・ジャパン株式会社

ブルースクレイ・ジャパンは、デジタルマーケティングに特化した企業で、SEO診断、インターネット広告診断、コンテンツマーケティング支援など、さまざまなサービスを提供しています。ビジネスの目標達成に向けて、戦略設計から実行、効果測定までを一貫してサポートします。

マーケティングの各段階で最適な施策を提案し、結果を追求するためのPDCAサイクルを効果的に回します。また、全ての運用コンサルタントがウェブ解析士資格を持っているため、専門的で信頼性の高いサポートを提供します。

また、教育・研修サービスも行い、ウェブマーケティング関連の人材育成にも注力しています。

URL https://bruceclay.jpn.com/
設立年 2008年5月
住所 渋谷区渋谷 3-19-1 オミビル8F
電話番号 03-5468-3860
料金 お問い合わせください

 

株式会社grape

株式会社grape

株式会社grapeは、インターネット広告、インフルエンサーマーケティング、および自社アフィリエイトサービス「キジコミ」を提供する広告代理業です。記事型広告に特化し、効果的なメディア提案と広告主の売上向上を目指しています。

顧客のニーズを詳しくヒアリングし、最適なプラットフォームの選定と効果的なクリエイティブ制作を行い、広告配信後も定期的な報告と効果検証を通じて、持続的な広告効果の最大化を図ります。

また、スマートフォンアプリ開発も手掛け、特にハイパーカジュアルゲームの企画から運用までを行っています。

URL https://grape-inc.jp/
設立年 2020年9月
住所 渋谷区道玄坂1丁目22-12 長島第一ビル8階
電話番号 03-6820-2429
料金 お問い合わせください

 

ログライン株式会社

ログライン株式会社

ログライン株式会社は、中小企業向けにリスティング広告運用などのインターネット広告を中心に、WEB集客コンサルティングやWEB担当者代行業務を提供する会社です。
データ分析と戦略的な広告運用を通じて、クライアントの集客とマーケティングの効果を最大化することを目指しています。

広告設計、運用代行、改善提案など、広告活動の全段階で支援します。また、専用チャットを通じたリアルタイムなコミュニケーションにより、迅速に対応する体制が整っています。これにより、BtoB分野での案件を得意としており、顧客の商材に合わせた最適な広告戦略を展開しています。

また、個別の教育支援も提供しており、広告やWEB集客に関する相談を随時受け付けています。

URL https://logline.jp/
設立年 2022年12月
住所 中央区銀座1-12-4 N&E BLD.7F
電話番号
料金 初期費用:無料
運用手数料:広告費予算全体の20%

WEB広告とは?

WEB広告とは、具体的には何を指すのでしょうか?

WEB広告は、インターネットを通じて商品やサービスを宣伝・紹介するための一種の広告活動です。これは、テレビや新聞などの従来の広告媒体に代わる新しい形式の広告で、デジタル化された情報社会においてますます重要な役割を果たしています。

WEB広告には、さまざまな形式が存在します。その中には、ホームページ上に表示されるバナー広告、視覚的な魅力を活かしたビデオ広告、そしてユーザーが特定のキーワードを検索した際に表示される検索エンジン広告などがあります。これらはそれぞれ異なる特性と効果を持ち、広告出稿者の目的に応じて適切に選択・活用されます。

WEB広告の種類と各広告の特徴について

WEB広告は、その形式や目的により、さまざまな種類に分類されます。以下に、特に一般的なWEB広告の種類とそれぞれの特徴について説明します。

バナー広告

WEBサイトでよく見る広告形式で、視覚効果が強調されています。鮮やかな画像、アニメーション、動画を使ってユーザーの目を引き、ブランドのメッセージを伝えます。これらの広告はWEBサイトのヘッダー、フッター、サイドバーなど、様々な場所に配置されます。

検索エンジン広告

検索エンジン広告は、ユーザーが特定のキーワードを検索したときに表示されます。

これにより、広告出稿者はユーザーの特定の検索行動と直結した広告を提供でき、その結果、関心の高いユーザーに直接リーチすることが可能になります。これは、広告出稿者にとっては効率的で質の高いリードを獲得するための重要な手段となります。

ソーシャルメディア広告(SNS広告)

Facebook、X(旧Twitter)、Instagramなどのソーシャルメディア(SNS)は、多くのユーザーにブランドを認知させるために役立ちます。

ソーシャルメディア広告(SNS広告)は、ユーザーの情報や興味に応じて表示され、広告出稿者にとってはユーザーとより良く関わることや、ブランドの知名度を上げるのに有効です。

ネイティブ広告

ネイティブ広告は、コンテンツ内で自然に溶け込む形で配置されており、ユーザーがそれを広告として認識することはありません。

ネイティブ広告は、ユーザーがストレスなく情報を得られるように作られています。広告はコンテンツに自然に溶け込むので、ユーザーが広告だとは感じずらい設計になっています。

ユーザーの興味や行動に合わせて広告の内容が調整され、各ユーザーにあった情報を提供します。これにより、ユーザーは広告に抵抗感なく関わり続け、情報を得ることができます。広告出稿者はこれを利用して、効果的で信頼性の高いユーザーとの関わりを作り出すことができます。

WEB広告代理店に依頼するメリット

WEB広告代理店に広告運用を依頼すると、数多くのメリットがあります。

広告運用に必要な専門知識が必要ない

WEB広告代理店に広告の運用を依頼する場合は、広告運用の専門知識が必要ではなくなり、これにより時間や労力を大いに節約できるという利点があります。

広告運用は専門的な知識を必要とするため、自社で行うとなると大きな負担となります。しかし、専門的な広告代理店に依頼することで、その負担を大きく軽減することが可能となります。

最適な広告戦略が立てられる

広告代理店は最新の広告トレンドやツールに精通しているため、それらを活用した効果的な広告戦略を提案できます。
時代の変化と共に広告の形や手法も進化しており、その全てを把握するのは一般の企業にとって難しいと言えます。しかし、広告代理店はその最前線で活動しているため、常に最新の知識を持ち合わせており、それを活用した提案が可能です。

さらに、広告代理店は広告のパフォーマンスを定期的に分析し、その結果に基づいて最適化する提案を行います。これにより、広告のパフォーマンスを向上させ、より高いROI(投資対効果)を実現できます。広告の効果は定期的な分析と改善により最大化されるため、その作業を代行してくれる広告代理店の存在は非常に重要です。

幅広い広告媒体への配信ができる

広告代理店は様々な広告媒体を扱っています。
これにより、広告出稿者は自社の目的やターゲットオーディエンスに最適な広告媒体を選択できます。
広告代理店はそれぞれの広告媒体の特性と効果を理解しているため、広告出稿者のニーズに最適な広告戦略を提案できます。広告媒体の選択は広告の成功に大きく影響しますので、その選択を専門家に任せることでより良い結果を得ることが可能となります。

広告キャンペーンの全体的な管理ができる

広告代理店は広告運用だけでなく、広告キャンペーンの設計、実施、分析、改善の全ての作業をサポートすることができます。

これにより、広告出稿者は広告から得られる結果に集中できます。広告の全体的な管理を1つの場所で行うことができるのは大きなメリットであり、広告出稿者の負担を大きく軽減します。

これらのメリットを最大限に活用するためには、信頼できる広告代理店を選ぶことが重要です。広告代理店の選択は、広告キャンペーンの成功を左右します。そのため、広告代理店の選択には十分な時間と考慮を投じることが重要です。適切な広告代理店を選ぶことで、広告の成功率は大幅に向上します。

東京都のWEB広告代理店選定のポイント

東京都の制作会社選定のポイント

「WEB広告代理店(インターネット広告代理店)を選ぶ基準がわからない…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

東京都にはたくさんのWEB広告代理店が存在し、会社の規模や得意としているジャンルもさまざまです。

そこで、数々のWEB広告運用を行ってきたプロである当社が、東京都でWEB広告代理店を選ぶ際のポイントを解説いたします。

 

使いたい広告媒体に詳しいか

WEB広告代理店(インターネット広告代理店)を選ぶ際に最も重要なポイントの一つは、代理店が特定の広告媒体(Google AdsやFacebookなど)にどれだけ詳しいかを確認しましょう。

代理店がそのプラットフォームに関する深い知識と経験を持っているかどうかは、キャンペーンの成功に直接影響します。
媒体の仕様や最適な戦略に精通している代理店を選ぶことで、広告投資の効果を最大限に高めることができます。

分析や改善提案などもしてくれるか

WEB広告代理店(インターネット広告代理店)を選ぶ際には、単に広告を運用するだけでなく、データ分析や改善提案を行うかどうかも重要となります。

分析が得意な広告代理店は、実施した広告の結果を定期的に分析し、そのデータに基づいて広告戦略を最適化する提案をしてくれます。このように反復的な改善を行うことで、広告のパフォーマンスを向上させ、より高いROI(投資対効果)を実現することが期待できます。

同業他社の実績があるか

WEB広告代理店(インターネット広告代理店)を選ぶときは、同じ業界や似たビジネスモデルで成功しているかを見ましょう。
過去にその業界でうまくいった代理店は、業界の特有の問題や解決策をよく理解しているため、効果的な広告戦略を提案してくれる可能性が高くなります。

予算との折り合いは問題ないか

WEB広告代理店(インターネット広告代理店)を選ぶときは、最初に自分の予算をはっきりさせておきましょう。
それに基づいて、代理店がどんな広告プランを提案してくれるかを確認します。予算内で効果的な成果を出せるように、柔軟にプランを調整してくれる代理店を選ぶことが大切です。こうすることで、広告効果を高めつつ、コストも抑えられます。

まとめ

WEB広告運用は、会社によって強みが異なる為、配信先の媒体や予算に合わせた適切な依頼先(インターネット広告代理店)選びが重要です。
また、費用だけでなく費用対効果も考慮しましょう。

 

現在デジタルマーケティングにおいてお悩みがある方や、
課題を感じているがどうしていいかわからない方向けに
無料でご相談会を実施しております。

まずは自社の現状を知り、可能な改善施策はどういったものがあるのか、
スケジュール、予算感はどのようなものなのか等も含めて
ご説明しますので、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

監修者プロフィール

木島 怜史

木島 怜史

株式会社センタード WEBマーケティング本部 エキスパート

前職のWEB営業経験を経て、株式会社センタード入社。現在WEBマーケティング本部にて技術統括。 WEBマーケティングの全体戦略設計からWEB広告、SEO、WEBサイトの課題抽出・改善立案までを管轄。 顧客目標としてWEBの目標達成はあくまで通過点と捉え、部分最適化、全体最適化を経てビジネス改善を目指す。 Web Designing誌に「ユーザーの行動特性を捉えたイベント集客施策」「Web戦略全体の視点から広告予算を考察」など寄稿。 「WEB改善の流れがわかる!目標設定とPDCAの考え方講座」など多数のセミナー講師も務める。 ウェブ解析士、GAIQ、Google広告等各種資格保有。業界歴10年以上。

関連記事