センタード総研:改善ブログ

  • Twitter
  • Facebook

そもそもSEOって何?初心者が抑えるべきポイントや考え方について解説

SEO

今回は、自社のWEBマーケティングにおけるSEOをやってみる中で浮かんだ、

・SEOが大事なのはわかるけど、どんなことをすればいいかわからない
・SEOをすることによって、どんないい事があるのかあまりよく分かっていない
・記事を書いているけど、 何を指標にしたら良いのか、わからない

といった疑問やお悩みをお持ちの方に向けて今回は、SEOとは一体何なのかについて解説していきます。

そもそもSEOとは何か

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは、検索者に対して良質な「回答」を用意し、検索で取り出されやすい状態を作ることです。すなわち良質な「回答」を用意することがSEO対策になるということです。

具体的には、

  • 1,検索する人にとって「良質な回答」となるコンテンツを用意する

  • 2,検索エンジンに正しくクロールされ、インデックスに登録される状態を保つ

  • 3,アルゴリズムによって選定された結果、優先的に表示されるようにする

といった流れになっています。

SEO対策を行う目的

SEO対策を行うと、自社のホームページをGoogleやYahoo!等の検索結果の上位に表示させることができます。
上位に表示されるほどクリックがされやすいため、結果的に自社のWEBサイトのアクセスを増やすことができます。
検索結果の上位に自社のサイトを表示させると、例えば以下のような目的につながります。

  • 1,自社の売上・お問い合わせにつながる有効なアクセス数の増加

  • 2,自社ブランディングの強化

  • 3,採用活動の強化

など

SEOのメリット・デメリット

SEOの概念・目的が分かったところで次はメリットとデメリットを見ていきましょう。

【メリット1】購買意欲の高いユーザーを獲得できる(能動的に検索するユーザー)

検索行動をしているユーザーは、能動的なので自社のWEBサイトへ流入した際にもお問い合わせなどの行動につながる可能性が高いと言えます。能動的な行動を起こすユーザーを集められるということは、結果的に購買意欲の高いユーザーを集めることができるようになります。

【メリット2】資産となる(中長期的に流入を見込める)

リスティングなどの広告による集客は、広告費をかけて配信をしている際には効果がありますが、その集客効果はコストに比例するため、配信を止めると効果がなくなってしまいます。それに対して、SEO対策を行ったコンテンツはWEBサイトを閉鎖しない限り、コンテンツが消えないため半永久的な効果が見込めます。

【メリット3】広告と比べて費用対効果が高い

前述の通り、SEOは購買意欲の高いユーザーを集めることに長けており、WEBサイトを閉鎖しない限り効果が見込めます。そのため即効性の高い施策である広告による集客と比較すると、中長期的に見れば費用対効果が高いといえます。

【デメリット】成果が発生するまでに時間が必要(遅効性)

SEOは効果が出るまで、ある程度時間がかかります。目安としては1~3ヶ月、長いケースだと半年以上かかる場合もあり、中長期的視点を持って進めていく必要があります。
一方で広告による集客は、配信開始をした瞬間から集客効果が見込めます。即効性を求める場合(期間が限定されるキャンペーンなど)には、SEOはあまり向いていないといえるでしょう。

SEO対策における重要な考え

日本の検索エンジンの9割以上はGoogleの検索アルゴリズムが使われており、「SEO対策 = Google対策」であるとも言えます。Googleの検索順位アルゴリズム自体は、具体的な内容は公開されていませんが、Googleの姿勢や理念から推測することは可能です。

そのGoogleの理念とは、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」というものですが、弊社ではこの言葉を次のように解釈しています。
「“ユーザーの需要”を的確に捉えた上で、より本質的な価値あるコンテンツを提供しつつ、それが的確に届くように検索エンジンを意識し続けること。」

これがSEOを行う上で重要となる基本姿勢だと考えています。
ですから、ユーザーの需要に答えられる、価値のあるコンテンツを作った上で、検索エンジンを意識してSEOを行っていきましょう。

SEOを行う上で重要な指標

SEOを行う上でよりよいコンテンツを作る際には、「E-A-T」と呼ばれる3つの指標が重要です。

「E-A-T」とはGoogleが検索品質評価ガイドラインで言及しているもので、平たく言えば「Googleが考える、高品質なコンテンツに必要な要素」だと言えます。より効果的なSEO対策を行うためには、この「E-A-T」の理解が必須です。
SEOにおけるEATとは

E (Expertise)= 専門性

テーマが統一されている、問題が解決できる、新しい情報を得る、情報が網羅されているなど、ユーザーにとって深い価値が得られる高品質なコンテンツであることが重要な指標の一つです。例えば、自社で情報を発信するオウンドメディアを運営していたとします。そのオウンドメディア全体のコンテンツのテーマが統一されており、問題が解決できるようなコンテンツが存在していて、新しい情報が更新されており、さらに情報が網羅されていると、それを見たユーザーは専門性が高く、よいコンテンツだと判断してくれます。このようにWEBサイトで情報を発信する際には専門性が高いものを作成していきましょう。

A (Authoritativeness)= 権威性

信頼できる第三者から評価されているコンテンツは、価値の高いコンテンツであるので、これもまた重要な指標な一つです。権威性に関しては「コンテンツの発信者を重視」するものです。身近な例として、肩書の無い個人が発信したコンテンツよりも、肩書がある発信者のコンテンツのほうが信頼度が高いと判断されます。SEOにおいても同じく、肩書のある発信者のコンテンツは優良なコンテンツと判断されます。記事の執筆者や監修者として、専門家のプロフィールを用意することで、権威性を高められる可能性があります。

T (Trustworthy)= 信頼性

オリジナル性が高く、コピーや模倣されたコンテンツではなく、さらに専門家としての認知や信頼性が得られていることも、重要な指標の一つです。企業やサービスとしてのオリジナル性・USP(ユニークセールスポイント)を見出し、記事コンテンツで表現することが必要です。他社の記事では取り上げていない内容や、自社独自の見解や統計データ、自社サービスの運用事例などを記事に盛り込むことで、差別化が行いやすくなるでしょう。

今回のまとめ

今回は、そもそもSEOとは何なのかについて解説してきました。

  • SEOの目的=WEBサイトのアクセス数を増やすこと

  • SEOのメリットとデメリット=半永久的に有効で、費用対効果が高いが、即効性は高くないため注意が必要

  • SEO対策における重要な考え=検索エンジンを意識して、ユーザーニーズに応えられる本質的価値のあるコンテンツを作ること

  • 本質的価値のあるコンテンツとは、専門性・権威性・信頼性が高いコンテンツのこと(EAT)

皆さんも今回解説した内容を元にSEO対策を行って、自社のWEBページの上位表示を目指しましょう。

いかがでしたでしょうか?皆さんにとって有用なコンテンツとなっていれば嬉しいです。

より実践的な検索結果上位表示を獲得するために重要な要素や、記事の作成方法についてはこちらのセミナーで詳しくお話していきます。

「オウンドメディアのPVを上げたい!読まれる記事を作るためのSEO入門講座」のセミナーページへ

またセンタードは、WEBディレクター×WEBコンサルタントが連携し、『貴社のビジネスを成功に導く』サポートをします。
WEBの売上の作り方に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

一覧へ戻る

サービス資料一覧

サイト改善やWEBマーケティング、サイト制作における
ノウハウをまとめた資料をご用意しています。
弊社のサービス資料もこちらから確認いただけます。

ダウンロードはこちら ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら

弊社サービスに関するお問い合わせや、お見積りのご相談、
その他WEBに関するお困り事・ご質問など、
お気軽にお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせはこちら WEBからのお問い合わせはこちら
デジタルマーケティング無料相談